ミスショットの多くの問題は
結果として インパクト時のグリップの位置にあって
ザックリ言ってしまえば ミスショットになる多くの要因は
インパクト時にグリップ位置が右にあり過ぎること なのです。

これは単に「ハンドファースト」を作る とか
そう言ったことではなく、スイングの概念とか
かなりもろもろのことの集大成とも言えます。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)

スイングの概念は何度も言って来ていますから
今回は割愛するとして、技術的にそれを最大限防ぐ方法として
テークアウェイの初動の動きがあります。

テークアウェイだけに限らず、スイングは
体の向きの変更〜体の回転が主たる動作で
それを成功させるも、失敗させるも
進行方向側の上腕(肘)
テークアウェイ時は右上腕〜右ひじ
ダウンスイング時は左上腕〜左ひじ

がちゃんと移動するかどうか にかかっています。

テークアウェイの初動で
左腕のローリングから入ってしまうと
クラブや左腕の重さが右腕に対し上に被さってしまい
右腕や右ひじが動かせなくなりますから
結果として右半身がしっかりとした移動を取れず
回転不足や前傾姿勢の消失につながります。

よって テークアウェイの初動では
右ひじの後方への引き、によって
クラブをインサイドに移動させる
グリップをインサイドに移動させる
 ことを
覚えた方が良いと思います。

ここの部分は実際にボールを打って身に着けるよりも
シャドースイングや素振りで体に刷り込んだ方がいいでしょう。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

ここの部分 だけではないのですが
自分の移動させる(あくまでもグリップですが)
クラブ・ヘッドは自分の動きを司ります。
何度も書いていますが、
スイングには前傾姿勢があるので
右を向いているときは 右サイドの方が左サイドよりも高く
左を向いているときは 左サイドの方が右サイドよりも高く
なります。
その姿勢をキープするには
それにそったフェース面の向き、クラブの位置が必要で
テークアウェイ時にはフェースは空ではなく
地面の方を向いているようなシャットがナチュラルな状態です。
テークアウェイ時からフェースが空を向くということは
その時点から前傾姿勢を放棄することになります。

右ひじの後方への移動で グリップを動かす
出来るだけヘッドはセットアップ(アドレス時)に残すような
そして シャットが維持させるような初動を作り出すことが
それ以降のスイングをしていくには必須条件となるのです。