★ダウンスイングで右サイドが下がる
★左サイドが上がる
(同じ意味ですが)
★体の開きが速い(これも同じ意味ですが)

この手の、俗に言うスイングがギッタンバッコンが
…地域によってはバッタんぎっこんだったり…いろいろだそうです。
◇フェアウェイウッドを苦手にしたり
◇アプローチをに苦手にしたり
◇ドライバーの苦手の要因だったりします。
スナップショット 1 (2015-06-14 18-02)

どの手のスイング論であっても
手でクラブを振ることや手打ちは忌み嫌われていますが
その一方 手打ちにしなければならない初動を容認したりもします。
その最たる例が 初動の「左腕のローリング」です。

その延長線上にいるのが トップ時の
「右ひじの下向き」「右ひじを体に付ける」だったりします。

左腕をローリングしてスイングを始めると
クラブや腕の重さが 右腕に覆いかぶさるようにかかりますから
本当は大変不自然なのですが「右ひじを下に向け」
その重さを支えなくてはなりません。
逆説的にいうのなら 右ひじが下に向いているスイングは
スイングを左腕のローリングで始めている
  ということでもあります。

この右ひじを下に向けるスイングは
現在主流ですが、この動きが従来はなかった
ゴルフでの首の痛みなどを誘発するとにらんでいますし
多分…間違いないでしょう。


左腕をローリングして始めると
左肩関節は胸の一体の位置関係から外れ
体の前側にズレる形になります。胸が縮まるような形です。
この形では背中の筋肉や筋膜は引っ張られてしまいますから
かなり早い段階で テークバックの終わり
浅いテークバック、浅い体の回転を生み出します。

通常、ゴルファーはテークアウェイの深さを
背中の張り で感じるのですから…。



左腕のローリングは 同時に
先ほどの右ひじの下向き(体にくっつく)とペアの動きです。
テークアウェイ、右への動きで
進行方向の右ひじ〜右の上腕 が下を向き、体に張り付く
ということは運動がなく、止まる ということになりますから
右半身は止まります。
これもテークアウェイを浅くす原因の一つです。


本来 体の回転は その言葉の通り
体の回転〜向きの変更です。
背骨辺りを軸にして それを行うとすると
当然左右は同じように移動、運動するのですが
右を下に向き、右上腕を体に付け、右サイドを止め
左腕のローリングだけすると
体は前に(ボール側)倒れます。
コメントにも頂きましたが
左腕のローリングでスイングをスタートする
➡体の回転が浅くなる
(浅いのではなく体の回転がない んですけどね)
➡体が前(ボール側)に倒れるの
はある意味セットになった動きです。

今どきのスイング論は
始まりの「最低のミス」で起こる事後の現象を
レッスンや練習によって
スイングらしく「見せる」ためのものであって
問題解決には触れていません。

そして その動きにはまだ一連の流れがついてきます。
BlogPaint
スイングをこのようにとってしまうと
この時点で 前傾姿勢を失います。
前傾姿勢と体の回転のセットは
右を向いている時、左サイドの方が低く、
右サイドの方が高くなる 筈 なのですが
左腕のローリング 右ひじの下向き は
上半身の上の部分 その逆を作ってしまいますし
体がねじれた状態でボール側に倒れるので
左サイドを伸ばしていないと転んでしまいます。

前傾姿勢は クラブのヘッドの上下の 高さ変化を
一番大きく変えられるものです。
クラブを腕で上げなくても 前傾姿勢&右向きは
腰の高さ以上にヘッドの高さを上げますし、
前傾姿勢&正面向きはそれを地面の高さまで下げる
腕で上下に上げ下げする量よりも大きく高さを変化を
作り出す「機能」「機構」なのです。

と同時にクラブの長さを変えても(クラブを替えても)
原則、長さに応じた前傾姿勢を作り出すだけで
同じように扱うことが出来る という「機能」もあります。

たった初動の30センチで
それらをすべて放棄してしまうのです。


スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)

前傾姿勢を失えば・・・
そもそも体を回す、向きを変えるというのを
放棄してしまっているのですが…
それによって 生み出されるヘッドの高さ変化も
自分で、自分の腕で処理しなくてはなりません。
本当であれば 下に振らなくても済む のに
下に振らなければ ボールに届かなく なります。

体の回転もほぼ何もないので
それによって 円の軌道を自動的に生むのに
これも それを使っていませんから
自分の手さばきによって
 円のスイング起動を作らなくてはならなくなります



スイングプレーンに関するゴルフ理論は
こう言うメカニズムなのです…。
単に 原因を無視し、それを見た目として繕うだけのもの…。