まず 一つの目の問題点です。
多くのゴルファーは 今流行りのスイングプレーンにおいて
ヘッドの軌道ばかりを気にして
それを司っているグリップの軌道(移動の軌跡)を
(ないがし)ろにしています。

クラブやグリップはほんとは絶対に体の向きの変更
フットワークで動かさなくてはいけませんが!
とりあえず 一万歩譲って 手で動かしたとしても
そのグリップの軌道と会わない 細工をした
ヘッド軌道は絶対にダメです。


グリップが外に上がったら ヘッドの外に上がらなくては
治し様がないんです。

ヘッド軌道ばかりを気にして
手先、腕のローリング具合で
グリップ軌道と一致しないヘッド軌道を作ってしまうと
その移動の仕方は 無限に存在します。

ヘッドの姿勢、フェースの向き、ヘッド軌道
ヘッド軌道の大きさ
これは毎回毎回かなり大きく異なってしまいますし
腕というそう大きくない、強くない筋肉で
操作するがゆえに疲労やコンディションにも大きく左右されます。
ヘッドの姿勢、軌道、軌道の大きさによって
スイングのリズムもかなり左右されます。


また、くたびれてくると 勢いを使ってヘッドを動かそうとする
頻度が高くなりますから
スイングのリズムも必ず速くなります。

ヘッドスピードは下がる・・・・のにもかかわらず…です。

ゴルフの終盤に スイングリズムがゆったり に
変わる人は少ないのはそのせいです。


テークアウェイを反動で上げれば(動かせば)
もう それは全く管理していない無造作な動きですから
どんな球が出るかは 偶然待ちの状態 です。

本当は体の向きの変更
フットワークによってグリップ、クラブは動かしたい
ですけれど、少なくとも左腕のローリングだけ で
やるではなく、両方のグリップが仲良く同じ量
同じ運動量を保つ意識は最低限必要でしょう。



次にこのテークアウェイの取り方の欠点は
左腕によるローリングで始めてしまうので
ウッドとアイアンの重心深度の差がそのまま
スイングに出てしまいます。

本来は体の向きでやるものです。
そうすると 自然の前傾姿勢分のシャットが出来
ウッドとアイアンの重心深度の差はスイングには
殆ど影響しません。

スナップショット 1 (2016-06-06 19-50)

ですので、アイアンに比べ ウッドが苦手な
嫌いな人は 自分の動画をとって
このグリップの移動を観察してみて下さい。 

左腕・左手のローリングを主体にテークアウェイを
取っている人は総じて重心深度の深いウッドが苦手です。
その方法でテークアウェイを取った場合
重心深度の深いウッドの方がよりロフトは開きます。
ゴルフクラブはその形状上、ロフトを開いてしまうと
クラブはより重くなってしまいます。
右利きの人にとって 左腕は強い腕ではないですから
重いものを動かせば ゆっくりする ことは難しいです。
となれば より当然速く済ませようと
反動を強く作るようになります。
オーバースイングが悪い…とは言いませんが
ウッドの方を使って振った時に、それが増えるのは
そう言った理由から必然なのです。

ロフトが開き、クラブが重くなった状況では
殆どの場合、クラブヘッドは深くあがりますが
体の回転はより一層浅くなります。

そして 重くなって深くなったクラブは
ダウンスイング時には 来た時の回転とは違う
右サイドを下げる働きには十分です。
体が浅くまわり、クラブは深く入り
そこからクラブを出してくるのには
どうしても体のどこかを止めて その反動で
出してこなくてはならなくなります。

工夫によって その手を何とかする人はいないとは
言いませんが、ひとくくりで言ってしまえば
多くのアマチュアゴルファーの典型的なパターンです。

それは 昔からある言葉通り
テークアウェイの初動 グリップではなく
ヘッドの30センチの動きで決まってしまうのです。