ゴルフのスイングは体の向きを変えるから
「結果」として円運動になり
「結果」として その位置の違いというか、
長さの違い分、軸になる背骨からの距離分、
ヘッドの通る円弧の方が大きくなります。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

しかし、それは意図してやっていることではなく
クラブを持った打ち手が体の向きを変える
というある種のターンテーブルのような機構が
それを作っている訳で…。
傍から見ると 打ち手が意図的に、積極的に
円を描いて、ヘッドの方をたくさん動かして見える
そう判断し、真似てみようとすると
同じものは決してできません。

多くの人は そのターンテーブルという機構を
忘れてしまっているのです。

円を描いて ヘッドをたくさん動かすことが
スイングの円弧を作り出す と考え
積極的に、意図的に、グリップよりもヘッドの方を
沢山動かそうとすると
グリップの移動はかなり抑制され
ヘッドばかりが動くようになり
行きも帰りも打ち手が管理しきれない慣性が働いてしまいます。
オーバースイングが悪い とは言いませんが、
典型的な例とも言えます。

自分の想像していた以上に
多くの、長い道のりをヘッドが動くようになり
ヘッドを速く動かしても、結局打撃につながるような
スピードにはならず、
ほどほどのスピードで動かした適正なヘッドの移動距離で
動かしたものよりも 飛ばない可能性が高くなるのです。
スナップショット 2 (2015-09-05 1-33)

スイング中の体に伝わる重さ等の感覚も大変重要ですが、
結局のところ 自分の眼に見える視覚的な影響も大きい訳で
そうであるのならば 体が向きを変えるターンテーブル
というものの上に乗った中で
グリップとヘッド、クラブが生きるようなクラブの移動方法は
グリップを支点として ヘッドの方がたくさん動く扇型ではなく
ヘッドを支点とまでは言わないけれど
 グリップの方がたくさん動く扇型を作る
 イメージ
を持つと そのターンテーブルの中では丁度いいんです。

多くのゴルファーは、圧倒
BlogPaint
的に余計な。。。
ヘッドの必要な移動距離の倍も3倍近くも移動させ
それを労力によって速く、たくさん動かしている実感が
失礼だけれどその徒労感がスイングの実感で
ゴルフクラブに動かされて ヘッドの移動距離を半分に
してしまうのは物足りない と考える…感じるでしょう。


まずは素振りとか、パッティングストローク、
小さなアプローチで始めてみることです。

グリップを支点として
もしくは腕を使わないからと首の根元辺りを支点とした
 肩の揺さぶりでするアプローチやストロークは
ボールを弾いて打ってしまうので
 打撃のエネルギーと距離が同じになることは殆どありません。
ヘッドの方がたくさん動くということは
飛球線方向に対するヘッドの回転もそうですが、
同時 ヘッドがたくさん動いた分(グリップ等を支点として)
ヘッドは高さを変えるんです。
BlogPaint

同じ距離を打ちにくく、
打撃エネルギーが距離に直結しにくく、
ヘッドの高さも変わりミスの可能性も高くなる

こんなストロークやショットの素振りや練習をして
何をするつもりですか…。