トッププロのスイングも含めて
最近のスイングの傾向でふと疑問に思うことがあるのです。
52442_360240

ゴルフのショットの基本は
体が右を向いて ➡ 左を向いて
という 体の向きが180度ターンすること
によるものだと思うのです。
 ★ヘッドという重量物があるため
  ヘッドの方がグリップよりも移動量は減る
  ということはちと割愛します。

アプローチであっても
フルショットであっても
この180度の体の向きの変更
クラブというか シャフトのターンも180度

(ホントは180度以下! たぶん120度…それも体の向きの変更が運動の元)
だと思うんですね

でも最近のゴルフスイングの多くは
テークバックの時点ですでに270度
(右回転に270度)
そこからフォローまでは惰性の部分を差し引いても360度
(惰性の部分を加えると540度)もターンしてるんです。
行きで270度 帰りで540度
合計で810度もゴルフクラブをくるくる回してるんだよ。
810度って 2回転以上だよ


頭がこんがらがりそうになるほど
くるくるまわってる んです。

準備段階の時点で
体の右向きで90度 だけのはずが
 
クラブのターンは更に90度

もうこの時点で 体に対し90度のずれを作る理由はなに?

そこからフォローまで
体の向きの変更は180度 
 それに更にクラブのターンは180度…
yjimageLL1DHR4Z

行きと帰りがあるから仕方のない部分は
有ったとしても、体の向きの変更以外の何かによって
クラブを都合270度もターンさせる理由はなにかな…?

惰性も部分もあるから仕方がないにしても
そんなにクラブをくるくる回してなにがしたいのかな?


ゴルフのショットには飛ばす方向という
絶対条件がある筈です。
250ヤード飛んだとしても
その飛ぶ方向が目標と違う方向であれば
それは 0ヤードと同じというか
その労力分…それ以下と言えなくもない…。

と同時に 体の回転以上に
クラブを回転させるということは
方向だけでなく、クラブにとって重要な
飛距離を司る「ロフト角度」はどうなっちゃうの?

体を180度 それ以上にクラブをさらに180度も270度も
回転させれば 5度10度の狂いは誤差程度…。
でも ゴルフクラブの番手の差は ロフト角度だと4度程度…。
時計の針の長針、1分、1秒の角度のずれは6度…。

体の回転の180度済むなら それの方が安定してる。
でも クラブを720度も回して4倍飛ぶのならやるけど
結果、殆ど変わらないか、労力やミスの可能性が
倍増するような作業で同じ距離
(以下)なんて
騙されているようなものでしょう…。

"大人"の頭で考えて欲しいんだけれど
長い棒の先に重さの付いた ゴルフクラブというもので
体の回転も含め、クラブを450度や540度も回転させて
生み出したいものはなに?

遠心力が増える のだとしたら
その遠心力は ボールの飛ばす方向と一致するのかな?
遠心力という力が働く「方向」というものは無視?

ゴルフのスイングは振り子 などという
あまりに滑稽な理論を繰り出す人がいるけれど
振り子とは
 基本として支点を固定しているから出来る(機械)運動
ゴルフのように 傾斜地であったり
人間の心理なども左右する「運動・動作」の中で
支点を固定することが不可能。
スナップショット 2 (2015-09-05 1-33)

遠心力を多く生み出し
そして支点をある一定のところに留める、収めるのには
その遠心力と同量で
その遠心力と立体的に反対な「向心力」を作りだす
必要があるんだけれど、
遠心力と盛んに口にする人から
向心力という単語を聞いた覚えはないよね…。
遠心力を作り出すことは簡単だし
増やすことも正直コツなんかないじゃん
ただ角速度を速くするか、ヘッドを重くするか でしょ。
問題なのは その逐一変化する 遠心力の重さ・負荷と
同量の そして対抗方向の向心力を作ることでしょ。
それがなきゃ 当たらないよ。
当たらなきゃ遠心力作っても意味ないでしょ…。
教えるとこ 間違ってないかい
?(まあ原理原則がダメなんだけどね)
   ......実は秘伝なのかしら…

なんか それってさ
無限にお金の出てくる財布、お金の生る木
みたいな話だけど、魔法でも使わない限り
お金だって 収支・出納 の問題だよねー。



 それと面白いのは・・・・ヘッドをぶんぶん振るゴルファーは
総じて、それがし易いように軽いヘッドのクラブや
クラブヘッドの重さを感じにくいカチカチ系硬いシャフト、
重心距離の短い小振りなものを選ぶ傾向が強いけれど、
もしも そのぶんぶんヘッドを振り回すことが
遠心力を作ることを目的にしているのだとしたら
遠心力っていうのは 重さと角速度の掛け算 なんだから
なんで 軽いヘッドや重心短い小振りな重量効果の低いものを
選びがちなんだろ…。 不思議な気がするなあ…。



くるくる回るクラブね…
何かを物語っているようだけどね…。