クラブヘッドの重心位置による作用…。
殆どのゴルファーは
その重心位置がボールに対し、直接的な作用することによって
弾道が高くなったり、右に出にくくなったり
とイメージされているのだと感じます。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


。。。実はそうではないのです。

ボールは止まっています。
定点に置かれている訳です。

ボールが高くなったり、低くなったり、
右に出たり、左に行ったり、曲がったり、
当たり損ねたり というのは
ヘッドとボールの関係ではなく
その衝突時のグリップの位置によるものです。
(ボールとヘッドは当たっているのですから)

そのグリップの位置に作用するのが
重心の位置だったりするのです。


例にとると
 フェアウェイウッドは
 アイアンに比べると総じて「易しい」
 その望む距離を打つのであれば「易しい」と
 考えられています。

 フェアウェイウッドとアイアンの大きな違いは
 FW 重心が深く クラブが長い
 IR 重心が浅く クラブが短い
 です。

スイングは重心の深いものを使ったときほど
ヘッドが前に出たがる作用から
入射角度は緩くなり、クラブの長さも伴ない
打ちだしの高い、スピンの少ない弾道になり易くなります。

長さの関係を別にすると
重心の深いフェアウェイウッドに比べると
重心の浅いアイアンの方が グリップを前に送る作用が
大きくなります。



がゆえに、ヘッドを振って
円に振ろうとするタイプのゴルファーにとっては
その 入射角度が緩くなり一連の作用が
ミスを誘発する 打ちにくい原因 になる訳です。

ゴルフ人気が下がっているという原因も否めませんが
昨今の ユーティリティブームというか
新規でフェアウェイウッドがあまり売れない理由にも
なっていたりしますね…。
フェアウェイウッドに比べると
ユーティリティクラブの方が重心が浅く
クラブの長さも短いので
スイング中に左サイドが上がる、上を向く度合い
煽り打ちになる度合いが薄いから…な訳です。


それと関連する話で
ウエッヂのロフト。。。もあります。
週末になると ウエッジのロフト調整に来店される方が
結構いらっしゃるのですが、
多くの方はロフトを立てたがっています。
忘れてしまいがちですが、
アイアンのロフト調整は
ロフトを調整した分、同量バンス角度も調整することになります。
(同時の同量動きます)
ロフトを2度立てると バンスは2度無くなります。
と 同時に2度立てた分
微妙に、数値には出ませんが
ヘッド自体が後ろに下がり、
重心が深くなるスペックに変わりますので
煽り打ちの可能性が上がるのです。

001

そして 入射角度が緩くなり 
煽りうちの可能性が上がる ということは
その 減ってしまったバンス角度分だけ
距離が出にくく・・・インパクト時のロフトが寝やすい
打ちだしは高く、スピン総量の少ない弾道に
なりやすいので あまりお勧めできない改造なのです。

バンカーショットに限らず
ウエッヂショットは インパクト付近で
ヘッドが地面に設置します。
その際、ロフトが寝ようとするのを
バンス角度が支える形になるので
使えるのであれば 飛ばせられるウエッジとは
バンス角度の大きなウエッヂなのです。
(バンス角度は 安定したインパクトロフトも作ります)
バンス角度のあるウエッヂの方が
出球がやや低めになり
スピンの総量も多めになりますから
立体的に飛行するボールの道のりも短く
ボールの初速も速めになります。
よって 着弾時にスピンが残りやすくなるので
使えるのであれば、
ロフトの少なめの(サンドウエッヂであれば 55.56)
バンス角度の大きなものの方が
繰り返しの距離も安定しやすく
スピンの効きやすいウエッヂになるのです。

だから 逆にそのバンス角度が少ないものでないと
(ウエッヂで10度以下のバンス角度)
上手く打てない・・・というのは
クラブの使い方が間違っているサインでもあるのです。