先日も書きましたが
机の上に乗っているビーチボールを
3mでも、5mでも手ではたいて移動させる

これが 実はゴルフショットの原点です。

これ 多分冷静に考えると
手ではたいて という言葉は使っていますが、
机の面に沿って 打ちたい方向にボールを押しだす だけ
ですよね?! 違います?

スナップを効かせて
手を上に動かして ボールをはたいたり
手のひらを上にボールを弾いたり
そんなことしないと思いません?
BlogPaint

そのボールを出来るだけ 遠くに という条件が
付くとやってみたくなると思いますが、
ゴルフにとっての
遠くへ飛ばす行為は
クラブを持ち変えるという行為
 です。

と同時に ゴルフはクラブによって
出来るだけ同じ距離を繰り返し打ちたい
出来るだけ同じ方向に同じ距離を繰り返し打ちたい

というのがありますよね。

ビーチボールを同じ距離を転がし続けるのに
スナップを効かせて 上に弾くのと
机の面に沿って ボールを押しだす のと
どちらが 繰り返し 同じ方向に 同じ距離を
打てると思いますか?

答えは明白ですよね?!

でも ボールは空中を飛ぶじゃん と
仰るかもしれませんが、
故にクラブには ロフト角度があったり、
長さがあったり、ヘッドの重さがあったり
するのではありませんか?
160_56949

ボールを3m転がす ことがゴルフの原点では
ないでしょうか?

労力ってほどではありませんが、
3mの距離をコンスタントに
同じ方向に、同じ距離だけ、効率よく繰り返し転がしてあげる
それの延長線上にショットがあるのではありませんか?

3mの距離が50mになると
転がしでは 不確定要素が多く、
しっかりした距離や方向が把握できないから
必要な分ボールを宙に浮かす…
それは ロフトだったり、長さの仕事であって
人間の動作を変える必要はないんですよね?
そうは思いませんか?




では別な質問にしましょう。
ボールの外周は 約14センチ です。

ボールが 1m40センチ(外周の10倍分) 移動するのに
★ボールが5回転
★ボールが10回転
★ボールが20回転

さて どれが一番良い転がりだと思いますか?

ボールは当たり前ですが球体です。
摩擦等を無視すると
普通にすれば 10回転がると1m40センチ移動します。
それが倍の20回転になると良い転がりなのですか?
接地面は倍以上増えますよ。
倍の回転を与えるのに動作や速度はかなり増えますよ。
安定しますか?

同じ距離を「繰り返し」打つのに
動作が小さく、動作が少なく、動作が遅い 方が
適していますよね?

ボールに回転を与えることは距離を増やす方法ですか?
  逆じゃあありませんか?

ボールに回転を与える方法はミスを生み出し易く
 繰り返す という行為には不適切ではありませんか?

ボールに必要な回転を与えるのは
 クラブやヘッドの仕事で
それを打ち手がしなくていいように
クラブは角度や長さなどが在ったりするのではありませんか?