弊社で提唱している「刷毛塗スイング」とか
「鼓笛隊打法スイング」というのは
重いヘッドと柔らかいシャフトを利用して
より簡単に、より力を使わず
出来るだけ遠くに、出来るだけ繰り返し打撃することを
目標としています。
ですので 運動性能や運動神経があれば
市販の
 蚊の鳴くような重さのヘッドや冷凍マグロのような硬さの
 ゴルフクラブと呼ばれているものでも再現は可能です。


これはいつも不思議に思うことなのですが
 出来るだけ力を使わず クラブを利用して
 打撃する ということは
スイングに力感が伴わない行為です。
力みが発生しない行為です。
力を使わず、楽に、軽〜く振って飛ばす
ということを覚えて行きたいのに
力の入りどころを探すのには矛盾があります。
力みたくないのに 力むところを探しているのです。

勿論 従来のスイングと違って
下半身 太ももやお尻周りは過分に使います。
ただ これは力感というよりも疲労感に近いでしょう。

スイングに力みが生まれてしまう
ということは
そのままイコール
クラブを必要以上に重く使っているということです。

多くのゴルファーは
クラブヘッドの重みは 遠心力を生み出し
それが打撃のエネルギーになる
と考えています。

…千歩、万歩ゆずって そうだとしたら
その遠心力の方向、ベクトルというのを考えてみるべきでしょう。
失礼ですが、それをレッスンしているとしたら
その生み出す力の方向ということを 抜きにして
教えるのは片手落ちも甚だしいと思います。

力学というほど難しいことではないと思います。
ゴルファーのほぼ全員が「飛ばしたい」と願っています。
でも その飛ばしたい は
 何をどの方向にどの位 ということですよね。

ゴルフクラブを 後ろに 100m飛ばしたい
と思っている人は皆無でしょ?

ボールを 前に 200m飛ばしたい
と考えるのが正常ですよね。

前に・・・飛ばしたいんですよね?

では それの元になる 遠心力の方向は無視? ですか?

もしも クラブが自分の動きたくない方向に
重さの方向を向けているとしたら
「力まなくてはならなく」なりませんか?

クラブが自分と違う方向に重さを作ってしまっているのに
単に意識として「りきまない」を持てば
それは解消するんですか?

だって ボールを打ち出いんですよね?
ボールを 前に? 飛ばしたいんですよね。

そのヘッドを振り回す行為が
ボールを 前に飛ばす のに役立っているか
考えてみればわかると思うんですけどね…。

ヘッドを速く振れば イコール 飛距離になるか どうか
当たり前ですが、それは念力では解決しません。
科学的とは言わないまでも 単なる物理現象です。

そこまで突っ込んでスイングを考えたくない
というのはもっともな意見だとは思いますが、
でも「解決」を望むのであれば
現状を見つめない限り、打開はないと思います。

自分の体を痛めてまで
物理現象を無視して良いことは多くないです。