パターストロークする時に
多くの方の場合、第3者が左肩を上から押さえてしまうと
ストロークが出来ません。
2595cdb2

これは先日の記事のように
ヘッドがグリップを追い越す イメージから始まり
それをするために 
インパクトで体の回転を止める
そして、それをするためのテークバック
ダウンスイングで 腰だけを先行して回し
肝心なショット付近の回転は
肩だけの回転になるから
 です。

現代の ゴルフスイングの主流がこの方法 です。
ですので 批判めいていますが
スタック&ティルト とか、右軸打法 とか
上を向いて煽ることを内包した名称になっています。

何度も何度も言いますが
ゴルフショットは クラブを動かす必要があります。
ヘッドを動かす必要があります。
そのエンジンは 打ち手が体の回転という
一番大きな動作をすることによって
グリップを動かすから 結果としてヘッドが動く
ということ です。

それを解決するのには
まず パターストロークやアプローチなどで
グリップを決して止めないインパクトを
創りだす必要があります。

握る方のグリップは
ひとそれぞれ 少々差異はあったとしても
右手と左手は重なっている部分があります。
完全に離れているグリップは
どんなスイングを提唱していても
あまり耳に、目にすることがありません。

特に短い距離を打つ
スピードや力で解決しないショットやパッティングの場合
利き腕である 右腕の動かし方が距離感 につながっていきます。

勿論 アプローチなどは
そこをシンプルな体の回転でやるのが
正当路線ではあるのですが
ドリル ということを踏まえ
そこを 刷毛塗で グリップを止めないことを覚えてください。
d4a3aa3c

パッティングストロークを例に挙げてみましょう。
パターの長さは人によって異なりますが
 33〜34インチが標準です。
ウエッヂの長さは 35.5インチ前後です。
もしも グリーン周りで
ウエッヂを使おうか、パターを使おうか
悩む時があった場合、
その構え方に大きな違いがあってはいけません、
34インチのパターとするならば
ウエッヂとの長さの違いは1インチ半
ウエッヂで言うと 7番アイアンとの違いです。
ですので 前傾姿勢のその流れにする ということです。
ショットへのドリルということに重きを置くのと
ボールを打つのに特にスピードも力も必要ない
ということから、パッティングストロークは
肘 腕だけで打ってしまうことをお勧めします。