まあ、刷毛塗ドリルを言葉で解説すると
アドレスの状態から
利き肘を曲げることによって
クラブを体に対し右にスライドさせ
進行方向の左上腕の動きも伴いながら
利き肘の伸ばし によって 左にスライドさせる
ということになります。
sample 2009_11_10_22_54_10-588フレームショットsample 2009_11_10_22_54_10-596フレームショット










この際、行きも帰りも
ヘッドの移動量の方をグリップの移動量よりも少なくする感覚
グリップなり 肩回りの動きによって
 支点運動を作り、ヘッドの方が多く移動する感覚を消すこと
ここも スイングにつなげる上で大事なことです。

これをそのまま応用して
パターストロークやアプローチをすることも可能ですが、
そのうえで注意点が必要です。

アドレスの状態から
肘を曲げる
ということは、腕が短くなる ということです。
腕が短くなる ということは
アドレスの状態に比べ
クラブが高くなり(これも立体的に近くなる ということですが)
クラブが自分に近づく(インサイドにずれる)

パターの場合は
体の向きの変更や体重移動などが大きく行われない
もしくは 行いませんので
アドレス時の自分の視覚に対し
刷毛塗をする際
ヘッドがマットや目標に対し
真っ直ぐ動く感じよりも
ヘッドが回転するというのは当然ご法度ですが
その姿勢のまま
自分に近づき、利き腕を伸ばすことによって
自分から離れる
ものすごくオーバーに言えば
極端に 近→遠 を作って
ボールに左回転を加えてあげるような感じです。

それとともに
ショットでもストロークでも
とても大切な点になりますが、
ヘッドを真っ直ぐ動かす というのは
マットに対し真っ直ぐ平行に動かす のではなく
上げた位置 トップの位置 一番高くなった位置
ここから ショットの終わり ストローク終わり
に対し ヘッドの高さ(上下・地面よりの高さ)を
平行にではなく、斜め上から終わりまで直線に
ヘッドの高さ変化・上下移動を直線にすることです。


それを行うには シャフトの角度変化 すなわち
ロフト変化が起こるようでは ヘッドの上下移動は
円弧を描いてしまいます。

腕がやや短くなることによって
アドレスよりも やや高くなるヘッドから
直線の上下動で ボールを打つ抜く感覚は
肩の揺さぶりでは決してできません。

その肘さばきによって
ヘッドが上下に対し 円弧を描かない形を
きっちり作れれば、これはそのままアプローチや
パターストロークに対し 応用というか
そのまま採用可能です。

利き肘の曲げ によって やや高くなったヘッド

その重さによって その重さを使って
 グリップを動かす感触
それを掴む点もとても重要だと思います。

パターストロークで言えば
多くの方のストロークは
ヘッドの円弧を描くことによって
ボールを弾いています。

それでは パッティングをするのに当たって
フェースという 平面で球体のボールを打つ
という意味が出てきません。
意味わかりますか?
パターにも少なくとも ロフト というものがありますが
これを円弧によって 球体を打撃すると
ロフトの意味というか、パターの持つ製品としての
角度に意味は消えてしまいます。

地面に平行の高さ変化 という意味に取り違えて貰っては
困りますが、平面を使ってボールを押してあげる
 ことにしないと 
 その製品のロフト角度
それに対する力加減、速度加減で
距離感を養う ということが身につかなくなり
ほぼ 100%に近いアマチュアゴルファー の
やっているストロークでは
ヘッドの上下に対する円弧+インパクトロフト
という 回転や打ちだしを司る部分が
毎回毎回まちまちになるため
結局 何万球打っても距離感が身につかない
ストロークだとう言うことです。

まだうまく出来ないとしても
これが分かるだけでも
パターストロークは劇的に変わります
というか、従来のパターストロークでは
上手くなれる理由が見つからず、
腰を痛める時間練習して やっと人並み
というところに行きつくだけです。