体の向きの変更でクラブを動かす
というのは言葉で分かっていても
実際にスイング・ショットするとなかなか
クラブを振りまわすスイングから抜け出れません。

まあ これもイメージトレーニングになる訳ですが、
ゴルフクラブの重量構成は
例え 市販の軽〜〜いヘッドに
冷凍マグロのような硬い軽量スチールシャフト であっても
 4:2:1  ヘッド:シャフト:グリップ
という構成(5番アイアン位で)です。
ことグリップと比較すると 4倍もの重さのモノが
1mの棒の先に塊として付いているのです。
001

常識的に考えて、一番振り回しにくい重量配分
と言えるんではないでしょうか?

それをたくさん、しかも速く振り回そうとした時に
頭からすっぽり抜き落ちてしまうのは、
自分が動くからグリップが動き
➡その結果、ヘッドが動くということです。
重量配分を考えると、自分が止まってクラブ
特にヘッドだけをたくさん、速く動かすのには
無理がありますよね。

ですので、ヘッドの重さ(5番アイアン)
 まあ市販の軽いもので 240g
 弊社の悶絶アイアンで 300g
というものではなく
もしも 先端にアイアンヘッドとして 30kg 
のものが付いているとしたら どう扱うでしょう?

振り回そうとするでしょうか?
グリップを支点にシャフトを回転させようとするでしょうか?

この30キロのヘッドは
グリップの移動で当然動くわけですが
その重さ分、グリップの運動よりも当然少なくなります。

負荷の無い状態で
クラブのその長さで作られるであろう円弧、軌道
その円弧よりも小さな、自分寄りの軌道を
曲線というよりも より直線に近い形で
動くのではないでしょうか?

極端なことを言っているようですが、
それが30キロであったしても、300gであったしても
割合というか度合いは異なれど
重さが集中して、長い棒の先に存在することは
変わりはないのです。

こんなトレーニングをしてみてください。
勿論、スイングには前傾姿勢が存在しますから、
自分の動作面・運動のフィールド は
その前傾姿勢分傾いてはいるのですが、
それはちょっと今回はさておいて
ヘッドを地面につけたまま、ヘッドを浮かせずに
自分の動作によってヘッドを引きずってみてください。
gp2

スイングというのは 体の向きの変更
回転によって作られるわけですから
テークアウェイとは 飛球線に真っ直ぐ動かす運動ではなく
俗にいう インに移動させる運動に近い形です。
(ボールから離れていくということでもあります)
その地面に置いたまま、ヘッドを引きずっていく動きを
自分のフットワークというか、体の回転で行ってみると
如何に自分が 手先でヘッドを、
シャフトを動かそうとしているか
とてもわかるのではないでしょうか。

スイングは回転という円ですので
本来は アドレス付近が一番ボール側に膨らんでいて
動作が始まるとすぐにボールから離れた、インの方向に
動くはずなのですが、
手先にクラブ、シャフト、ヘッドを動かそうとすると
ご存知の通り ヘッドをたくさん動かすのには
グリップの移動を止めなくてはならないので
必ず 外に、もしくは飛球線に真っ直ぐ動かすような
ボールから遠ざからないような 上げ方をしているかと
思うのです。

地面にヘッドを置いたまま、引きずって動かす練習は
実はとても有益で、クラブ扱いの基礎になるとも言えます。

現在の自分の状態 というのが把握出来ないと
その現在の状態に余計な動作や知識を落とし込んでも
結局、人間の修正能力が違和感のある動きを消し去って
もとに戻ってしまうだけです。
自分がどのようにクラブを扱っているか
理解することがスイング修正の第一歩であり、
ゴールでもあると言えるのです。