15cf26df-s














アドレスの姿勢、ポスチャアで言うところの
前傾姿勢とは骨盤と大腿骨の角度差 を指す。
スイングの場合、体の向きを変えるので
左右を向いているときは
その軸足の大腿骨と骨盤の角度差 ということになる。

ただ 前傾姿勢は「あればいいので
前かがみのような苦しい姿勢にならず
出来るだけ 浅く取った方がおじさん向き だと思う。
直立に近いような姿勢、けれど 前傾はある 
 でいいと思う。

ポスチャアでの この前傾姿勢の取り方も
最近は非常に妙なものが多く
若しかするとパターの振り子ストロークのために
ボールに覆いかぶさるような姿勢(非常に悪いこと)が
影響しているのかも知れない。
同時に、なぜか 巷では
骨盤は動かさず、胴体をひねって
背骨を意図的に痛めつけるようなスイングが
主流だから…なのかもしれない。

プロというか、若い人がそうやっていたとしても
(まあ 大半が痛めてるけどね…)
そもそも ゴルフをやるオジサンたちは
勿論 ゴルフが好きだからやっているんだけれど
フットサルなんかを本気でやったら、
大半が入院しちゃうかも…しれない運動性能なのだから
体を痛めつけるような動きは出来るだけ避けた方がいい。
f2350aac

その前傾姿勢の取り方 なんだけれど
直立している垂直になった大腿骨 に対し
骨盤が前に傾いている、体の大半がボールの方に
倒れかかっているポスチャアの人が
まあ なんと多いこと…。
これでは バランスをとることが動きの主になってしまい
フットワークが使えない上に、体も痛めやすい。
骨盤にも前に倒れる角度は必要だけれど
直立した大腿骨に! ではなく、
後傾した大腿骨に対しての骨盤の角度を創るのだ。
要するに 前に倒れるのではなく
自分の靴の上に体をしっかり載せておくこと なんだよ。
それをどこで見ればいいか というと
膝の曲がり ではなく、
「足首の曲がり」 で見るんです。
スキーのボーゲンやPKの時のキーパーのように
膝の曲がりと足首の曲がりがバランスよく
フットワークが使えるようにしておかないと
ゴルフのスイングが自虐的なコブラツイストになってしまうよ。

ポスチャアをルーティン的に作るのであれば
直立して、前傾姿勢をするのに
お尻の位置を固定して、胴体を前に倒すのではなく
頭の位置はそのまま(結果的に低くはなるけど)
・・・ボール方向に出さず
お尻を後ろに下げるんだよ。
その状態で 足を、膝を曲げないと
体重はかかと気味にかかるから
足首と膝をバランスよく曲げ
体重を 土踏まずから拇指に持ってくるのがいい。
この時、前傾姿勢と同じく
膝の曲がりも、足首の曲がりも
出来るだけ少ない方がいいだろうね。
真っ直ぐじゃあないけど、がっちり曲がってもいない
そんな感じがいいと思う。

お尻の位置をそのままで
前に倒れるような前傾をとってしまうと
脚の裏側に必要以上の緊張感が生まれてしまうから
動作も速くなりがちになる。

 ほんとは写真を使いたいんだけど
 ウインドウズ10になって以来
 写真の編集ソフトが全く機能しなくて。。。
 ご迷惑おかけいたします。。。。。