ゴルフのクラブとそれを移動させる打ち手との
唯一の接点がグリップです。

トッププロも含め、ほとんど
ほぼ全員に近いようなゴルファーは
グリップが移動することによって
クラブヘッドが移動する、
クラブヘッドの移動の源…すべては
グリップの移動である
 ということを忘れている というか
そのごくごく当たり前のことを無視してしまっています。

ですので ほんのコンマ.ゼロ何パーセントという
ゴルファーだけでも その当たり前の部分を
忠実に守って行ってもらえたら…と思う今日この頃です。

初めてゴルフスイングを覚えるのであれば
どのグリップをしても違和感があるから
まず 正しいグリップから 実施してください。
しかし、すでにグリップ経験のあるゴルファーが
スイングを改変する場合、グリップをまず・・・
とは言いません。
なぜならば、グリップとその人のクラブの動かし方
クラブとの関係、クラブの扱い方をそのまま
具現化したものです。
その扱い方が変わる前にグリップを変えるのは
不可能に近い挑戦です。
それよりも 
どのようなグリップが目指すべきものなのか
それを知り、自分のクラブ扱いの状態を
グリップの変化によって確認する
 という方が有効です。

何気なく握られるそのグリップ
それを見て 私はその人のクラブ扱いを
スイングを見ずとも ほぼ正確に把握することが出来ます。


例えば ヘッドを振って、
グリップの移動よりもヘッドの移動の量、速度が多く
グリップの移動方向とは異なるヘッドの移動方向を
している人にとって、グリップは遠心力を支える部分ですので
強く 丸くがっちり 握っています。
そして ヘッドを振るために右と左は上下に大きく離れています。
それを指先で…と言っても、それではクラブが
すっ飛んでしまうだけで、まずそのクラブ扱いに変化がないと
グリップは変わってきません。 ということです。



グリップの重要な一つ目のポイントとしては
「グラブ」と呼ばずに 「グリップ」と呼ぶ
握り方のガイドのような名称です。

ニュアンスではありますが
グラブとは 「掌で握る」を指して
グリップとは 「指でつかむ」こと指すのだと思います。
teso_unmeisen_img

ですので、そのゴルフクラブとの唯一の接点である
グリップは手相でいうところの
感情線よりも先の指中心の部分で握ること を指し
感情線よりも掌、手首側の部分は 
グリップそのものに使わない ということを指しています。

そこには大きなポイントがあって
ゴルフクラブを掌で握ってしまうと
手をこぶしのように丸く使うことになってしまいます。

ゴルフクラブは基本的に 面が中心とはいえ
多くの直線(直面*平面)によって構成されています。
上下・左右の方向を司るフェース面は
ウッドややや丸みも帯びてはいますが、基本平面です。
それを扱う、その唯一の接点を丸く使ってしまうと
自分にとっての何かの目安を持てなくなってしまいます。

グリップそのものは感情線よりも先の指に任せ、
両方の掌で作る面、平面を創っていくことは
とても大切だと思います。

同時に、グリップの次の項目と被りますが、
左右の掌の面が合掌するような間でクラブを保持する
というのは、左右のグリップの距離的な一体感を生みやすく、
反対に グリップを丸くしてしまうと
別々な2個のこぶし という関係になってしまいます。