ゴルフクラブというのは本当に本当に
ものすごくよく出来ています。

最近、噂で耳にしましたが
某著名プロが 重心距離ゼロ のドライバーを
開発?した・・・発売するそうです。
まあ お決まりのパターンで
開発したわけではないのだと思いますけど
よほど良い契約だったんでしょうねー。
単に裏書しただけでしょうねー。

重心距離がゼロ なんてのは愚の骨頂で
本気でそれを言ってるようであれば
その人のスイングやクラブ理念には呆れます。
まあ どうぞお好きに ですけどね。

それはさておき
クラブを一本持って来ましょう。
左一本で持ってみてください。
腕を地面と水平に
クラブ(シャフト)を地面の垂直にして
グリップの真上にヘッドが来るよう
左手で持ってください。

これ 面白いですよ きっと。

クラブ(シャフト) 右に倒してください。

  
002


もとに戻して (真上) 今度は
クラブ(シャフト)を 左に倒してください。

さあ 二つを比較してみましょう。
単に 左右に同じようにクラブ(シャフト)を倒したのに
手(グリップ)にかかる影響は
 同じじゃあなかったですよねー。

右に倒すと グリップは上げられるような加圧・負荷
が掛かったでしょ?

でも、左倒すとグリップはクラブを共に下げられる
そんな加圧・負荷がかかりましたよねー。

しかも 双方は全然違う力感で
右倒れると異様に力が必要で、ぎこちなく
左に倒れるとほとんど力を要らず スムースですよね。

すごいでしょ クラブって^^


ダウンスイングからインパクトの区間(時間)は
本来 右向きの左サイドが低い状態な筈です。
左サイドが低ければ
 ナチュラルなシャットも付いてきますから
それによって クラブの重さがグリップを押し
体の移動〜回転にグリップが遅れにくくなります。
また 左サイドが低く、それによってグリップが
下〜斜め下方向に押されやすくなるので
その左サイドの低い状態を長く維持できるようになります。

左サイドが低い というのは
 重さがそちらに流れやすく
クラブの重さもそれを助長〜促進する形になるので
★振り遅れにくく
★左サイドが低い状態を長く維持でき
★体重も左サイドの流れやすい
★そして前傾姿勢も右股関節から左股関節に移譲しやすい

というメリットいっぱいのものが
テークアウェイの姿勢によって 作り出せる
もしくは作り出せる可能性が増える訳です。

一方 テークアウェイで体➡胴体がしっかり右を向かず
左肩だけ 肩回りだけ疑似的な右向きを作り
胴体を捩じってしまうと
クラブの重さを利用してグリップを動かす
という ゴルフクラブの機能を使うことが出来ません。
切り返しの状態でクラブががっちり開いていますので
クラブの構造上、その重さは右最後に残りやすく
グリップを上へ上へと押し上げるチカラが掛かります。
img_849654_25726387_0

それもあって切り返しから いきなり
 進行方向にあたる左サイドが高くなって行こうとします。
左への体重移動も高い方へは行きにくいですし
グリップも押されず、その場に残りやすくなるので
振り遅れが作られやすくなります。

この二つの差は +4 と −4 位の
ダブルカウントの違いがあり、
後者はここからクラブのマイナス的な負荷も含め
身体能力ですべて補わなければならないのです。

その位 テークアウェイでの右ひじの開きは
大きくスイング全体に響いてくるのです。