今日行って参りました
そのダ振りが連発 左肘の抜きを意識して胸が回ってないのか?
色々試し面白いラウンドでした
帰って鏡で見たら右肘がTOPで下がってたのかなと?
特効薬是非お願いいたします
それとディッシュアングルを保つと左肘
 筋肉に負担がかかりますかね?


スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)


ゴルフのスイング用語での
ディッシュアングルとは
インパクト時の 左腕とシャフト(クラブ)が
一直線にならず、薄いスープ皿のような角度が残る
維持される ということを指します。

正直、これを 力技で「維持する」のは
我々、オジサンゴルファーにとってほぼ不可能と言えるでしょう。

ディッシュアングルが無い 言葉として維持されていない
というのはどういう状態なのでしょう。
単純に考えて、シャフトと左腕に角度があるのと
シャフトと左腕が一直線になっているものの
一番の違いは 左肩とボールとの距離 ですね。
シャフトと左腕に角度 がある状態では
左肩とヘッドの間での距離が ないものに比べると
かなり短く、近くなっています。

つまり 手首周りの使い方とかの問題ではなく
体の姿勢、インパクト前後での体の姿勢に問題がある訳です。
左サイドがボールから遠い
 ➡アドレス時と比べ遠いとか、高いとか
の状態になっていれば
空振りしたい と思っているゴルファーはいませんから
ヘッドとボールに届かせようとする色々な演算が
働きますから ディッシュアングルの解けもその一つです。
逆に言えば、解かざるをえなく なっているのです。

インパクト付近で
左サイドが高くなる〜体が開く
大きな要因の一つにテークアウェイがあります。
ご自身でも自覚されているようですが
足を使っての骨盤の向きでクラブが、グリップが動いて
いない という証が右ひじの下向きです。
緊張感の伴いやすいコースで起こりやすい
重大な「初歩的」ミスですが
クラブの「引き」を肩も含めた腕周りでしてしまう
結果が 右ひじの下向き なのです。

体が右を向いて クラブの位置も動く
という原則に反して
体は概ね正面を向いたまま
 クラブだけが疑似的にはありますが トップの位置

となると、ここから打ち始めたとき
クラブを戻してくる時間分
左サイドは開き、高くなります。
これで ディッシュアングルを維持してしまったのでは
ボールに届きませんから空振りです。
41cce488-s

ディッシュアングルに限りませんが
フットワークで骨盤より上の上半身が右を向くから
グリップも動き、クラブも動く。
という原則を外してしまった時点で
 クラブは本来の機能を発揮できなくなります。

その次のステップとしては
右を向いている状況というのは
体の左サイドが右サイドよりも低くなっています。
ですので 自然なシャット・・・
 フェースが地面に向いているような
これが この時点での「スクエア」です。
それでなくとも ゴルフクラブのクラブヘッドの
重量の位置は シャフトよりも右に位置しています。
ですので そのシャットは少々意識して
オーバーめに作ってあげないの残りにくくなります。

そのシャットが グリップを進行方向に押し
左サイドの低い時間を長くとります。
この時点で フェースが上を向いてしまうと
体の動作の流れ だけでなく、クラブの重さが
さらに 体を左に、上に向けてしまいます。
アマチュアのゴルファーの多くが
正面〜右向き〜正面〜左向き という回転にならず
正面〜やや右向き〜いきなり左向き

になってしまうのはここにも大きな要因があるのです。
スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)


ここまでの条件を満たしたうえで
もう一つ覚えておくことがあります。
少々、理由があって中身は端折りますが、
ディッシュアングルは 手首のライ方向への動きです。
まあ 俗にいうコッキングアングル ですよね。
その コッキングアングルは捨ててしまってOKです。
ディッシュアングルをスナップアングル
すり替えてしまえばいいのです。
短い説明ですが、ここが理解できれば
たぶん ご自身のゴルフ用語から
 ディッシュアングルという言葉は永久に削除できる
と思いますよ。