ゴルフスイングはその前傾姿勢と体の向き
そしてゴルフクラブの構造が密接につながっています

スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)

正しいダウンスイング時は
右向きと前傾姿勢のおかげで
左サイドの方が右サイドより低くなっています。

それを維持することが 結果 ボールを上から打つ に
つながっていきますし、
左股関節への前傾姿勢の移譲
ディッシュアングルの維持 も可能になるのです。

しかし この部分、例えば 左股関節の前傾姿勢維持 や
ディッシュアングルの維持は その時のその場を意識しても
決して実行できません。

先日、クラブを動かさないようにするため クラブを動かす
という記事を書きました。
ダウンスイング時、シャフトを基点に
時計回りに回りたがるクラブ に対し
反時計回りに力をかけておく ことによって
そのクラブ姿勢を維持する ということですが、
それをしないとフェースは上を向きます。

フェースが上を向くと
運動に伴い その作用を増幅する重さがどんどんかかります。

それによって グリップには上方向へと誘う重さがかかり、
結果 左サイドの低い状態は失われます。

この時点で 前傾姿勢の左股関節への移譲は
ほぼ不可能な状態になります。

左サイドが高くなる ということは
同時進行に 体が左を向く ことになります。
体が左を向くということは
左半身はボールに遠ざかっていく ということになりますから
高くなることも同時進行なので
ディッシュアングルの維持も不可能になります。
左腕を伸ばさないとボールに届かなくなるからです。

ゴルフスイング。。。というか正しいクラブ扱いは
クラブの構造上、シャフト軸を基点として
どちらに重量が存在しているか
という 真っ二つな状況にあるのです。



意外に気づいていない人が多いですけど
スイング解説をする際の ヘッド軌道
インサイドアウト とか アウトサイドイン とか
ありますけれど、
実際には 正しくクラブを扱えば
スイングは アウトサイドアウト か インサイドイン
にしかなりません。
俗にいう 良いスイングに「見える」 インサイドアウトは
右向きの時 クラブを短く使っていて
左向きの時 クラブを長く使っているから
そう見えるだけなのですが、 それはさておき
アウトサイドイン で振っている限り
正しい意味で 絶対にボールを上から打つ ことは出来ません。
なぜならば アウトサイドイン とは
体が正面(ボールと正対)した時にまだ インパクトには
ほど遠いところにヘッドがあるからです。
体が正面を向いてから振り始めたのでは
その振っている分だけ、体は上を向くことになります。
上下と左右のそれぞれ二つは必ずリンクしたものなのです。

スイングの用語として あまり意味はないのですが
上から打つ ということは進行方向の左サイドが低い時間帯に
インパクトに入ってくる
つまり インサイドアウト と同意語なのです。