さあ そろそろ本題に入ります。

基本、飛距離を伸ばす はドライバーショットに該当される
用語であると思います。
思いますが、本当の意味で距離を伸ばす は
アイアンショットの飛距離を伸ばすことです。

それは 
アイアンショットを飛ばせ という意味とは少々異なり
アイアンの場合 狙った距離や方向に対する正確性や
繰り返し度の方が優先されるとは思いますが、
アイアンショットを「飛ばせる」けれど飛ばさない
という選択にすることを意味します。
スナップショット 3 (2015-09-24 17-52)

ボールを飛ばすのには 「正しく」ロフトを立てる
煽り打ちの効果でなく ヘッド姿勢としてロフトを立てる
というのがありますが、
ロフトを立てる とは
 動作としてハンドファーストを作る
 ハンドファーストの姿勢を作る
のとは意味合いが異なります。

ロフトを立てる
 を理解するのには
ボールの打つ方向を正しくする必要があるのです。
(意味不明かな?)
正しい方向に ロフトを立てられるようになると
結果として クラブやクラブヘッド、腕の重さまでもが
体の回転の速度を向上させます。
その重さが 回転力の手伝いになるのです。
というよりも
 もしかすると回転力の主力エンジンかも知れません。
ここでも勘違いしてほしくないのは
確かに 重さとは重力方向、縦方向にかかるものですが
重さを使える とは 縦方向にその重さを主として
使うのではなく。。。
 ➡それではソールでボールを打つことになります
クラブの構造がその縦にかかる重さを
水平方向の回転という運動促進に変換するのです。



少々説明は長くなります。
それはどういうことか というと
まず 手始めに「ゴルフスイングには前傾姿勢がある」ので
上半身にとってのボールの高さは
骨盤とか、太ももの前にある ということを
理解するところから始まります。
クラブを下に振っているゴルファーにとっては
ものすごく意味がつかめない感覚かも知れないのですが
出来るようになってくると
ボールは想像以上に高いところにあります。
少なくとも 素振りの段階では
ヘッドは膝よりも下に下がることはありません。

次に こんなイメージをしてください。
ボールを置かれているマット
これが自分の骨盤の向き
 ベルトのバックルでもいいのですが、
その向きに応じて
自分の周りをターンテーブルのように
移動すると考えてください。
右を向いているときは 右
左を向いているときは 左。

ですが、そのマットは 前傾姿勢通りの高さに
傾いた円の中を移動します。
つまり 右を向いているときは
実際の地面よりも 高い位置にある ということです。

ボールは上半身に対し へその前にあるような
高い位置であること。
そして 回転が伴うスイングの基本面は傾いている ということ。
これがボールを上から打つ、ロフトを立てる
ということの前提条件になってきます。

そこまでのイメージはわかるでしょうか?
lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

トップの位置からの話です。
トップの位置では体は右を向いていますが
その仮想のマットは上半身の正面の
 そこそこ高い位置 太もも〜膝の高さ
にあるイメージです。
トップ位置から
ボールを打つイメージは その右にある高い位置のボール
これを地面に打ち込む
フェース面で地面に押し込む
そういうイメージです。
そこから始めますが
 それと同時に体も向きを変えます。

これ とても不思議な感覚かも知れませんが
スタートを始める トップの位置では
フェース面で ボールを地面に 縦方向に押し込む
そんなイメージで始めているのに
体の回転が同調すると
 結果として
 ボールは目標方向である水平方向に飛び出します。

これが正しく ボールを上から打つ
ロフトを立てるイメージです。

多くのゴルファーにとって
自分の思い描いているものとは
90度 縦横が異なっていると思います。