お手紙ありがとうございます。

 

そうですね、市販のクラブでは基本運動性を重視した形になりますから

体力低下がそのままショットやゴルフの停滞につながってしまいますね。

 

体力に依存せずに、クラブの機能を上手に使うことを優先していった方が

後々楽しいゴルフになるような気がいたします。

 

 

製作は少ない本数、一本からでも可能です。

価格はヘッドの場合は表面処理などの加工の度合

シャフトは柔らかいものほど高額になります

 

 

少数の本数を基本セットで造り、後々買い足していく場合に

若干の注意が必要でして

例えば 市販のヘッド軽さ シャフトの硬さ   0

弊社の最大値のヘッド重さ シャフト柔らかさ  10

とした場合

 ヘッドの軽め シャフトの硬め(弊社比) 24 のものですと

慣れるのにも時間がかからず 短時間に結果も出て参ります。

ただ その設定であると 結果が出るが故に

もっと重く もっと柔らかく という気持ちがすぐに出て参ります。

 

一方、初期段階から 68 の設定にすると

かなり大きく今までとは異なりますので

始めのうち 悶絶してしまうかもしれません。

ただ長い目で見ると クラブから色々学べる点は

ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさと比例しているかと思います。

 

少ない本数で買い足していくパターンですと

やはり やや硬め やや軽めからスタートする場合が多いのですが、

増やしていく過程の中で 時間が過ぎ、慣れが生まれてくるので

途中 設定をより重め、より軟らかめに

変更したくなる場合が多々生まれて参ります。

 

 

短期間での結果を重視するのか

それとも クラブによって誘われるスイングを重視するのか

自分のスイングは考えず結果だけを求められるのか

ゴルフクラブを上手に使うことを学ぶを優先するのか

そこら辺の少々漠然としたところが

 クラブ製作、セッティングのポイントになるかと思います。

 

お悩みになられてしまうかと思いますが

お電話等で遠慮なくご相談くださいませ

 🏣238-0024  神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ  野澤