そのヘッドスピードに関して
なのだけれど、実はここに大きな秘密がある。
スナップショット 1 (2015-11-10 12-07)

確かに 身体能力を武器に
目に見えてヘッドスピード向上による飛距離アップ
を狙うのは、オジサンゴルファーには適切でないだろう。

ところが、ゴルフクラブの使い方によって
ほぼ身体能力に関係なく
(勿論 日々の生活のためや健康のために
身体能力向上を目指すのは大切なことだけど)
そこに頼らず ヘッドスピードを上げること
そう お望みの3〜4msアップは決して不可能ではない。

多くのアマチュアゴルファーは
決定的な勘違い ➡ヘッドスピード向上=遠心力の増加
これによって 飛ばそうとしているが
その作り出す遠心力は 
実はヘッドスピードを上げ(られ)ない
原因になっている。
また、それだけに限らず
実はその遠心力を作ろうとすることが
スライスの大きな要因だったり、不安定なショットを
生み出していると気づいていない。

遠心力は その速度とその重さによる掛け算だが
その数値がそのまま スイングの邪魔 と考えてもいい

速度だけでなく クラブの重さ、特にヘッドの重さ
が スイングの邪魔な要素 になってしまっている。

それを!

逆に クラブの重さが、ヘッドの重さがそのまま
スイングの手助けのような使い方が出来るようになれば
邪魔にして使っていたのから比べると
ダブルカウントで スイングが楽になる。

どうするか というと
クラブはその構造、形状から
本来、運動中のその重さを
ヘッドからグリップ方向にかかるように使ってあげると
その重さは回転力の手助け・・・
もしかすると回転力のメインエンジンに出来るほど
絶大な働きをもっている。

打ち手が知恵を出してあげれば
シンプルにかかる 重さ ➡重力方向への縦の働き
を 水平方向の横の力に変えてあげられる構造を
ゴルフクラブはしている。
ある意味 遠心力を作り出すのとは反対の発想である。
スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)

イメージして貰いたい
打撃し始める準備の位置では
個々のゴルファーに差異があったとしても
ヘッドの重さは シャフト(クラブ)を通し
グリップを重力方向に押す形をとっている。
スイングは 前傾姿勢と体の向きの変更によって
成り立っているから、この時点では
進行方向にあたる 左サイドの方が低くなっている。
ここから クラブヘッドの遠心力を増大させるとなると
ヘッドの運動していく外の方向に
グリップは引っ張られていくことになってしまう。
それは ボールを飛ばしたい方向とは
全く逆の あらぬ方向と言える方向だ。
クラブヘッドを振り回さず
クラブ単体を大きく動かさず
体の回転自体で、
自分が動くから 結果としてクラブも動く
を遵守すれば、自然とシャフトよりもクラブヘッドの
重心位置の方がボール側に出ていくシャットな形が
つくられていく。

それによって ヘッドの重さはさらに
グリップを進行方向に押し、
ヘッドの重さはグリップを重力方向に下げようとする。

イメージできるだろうか。。。
 
また 後ほどこのイメージの話はします^^