コースでのショット
特にティーショットは心理的な要因が多く働き
回転不足になりやすい。。。
自分の番を早く終わらせたい とか
目標方向の飛ばしたいから
 なんとなく 自分が動かずクラブだけ動かしたい とか
飛ばしたいから急いであげたい とか・・・。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

ここでちゃんと認識しておくべき なところは
肩や腕だけが 右を向いているような
上半身の上だけを捻ったような
テークアウェイでは いくら捻ったところで
回転不足を補うことは出来ない。

なぜならば 回転不足とは
本来 スイングは 骨盤の向きが
正面➡右向き➡正面➡左向き
という大まかな順序があって
それによって 体の横の向き(水平)ばかりでなく
体の上向き 下向きを付いてくるからだ。

まだ アドレス時の概ね 体の前にあるボールを打つのに
どちらかを向いていれば 両方の腕の長さの
つり合いも取れなくなってしまう。

回転不足は
体の向き だけでなく
それに伴う両腕の長さ
左右の体の上向き・下向き加減
そして 時間不足 まで生まれてしまうのだから
うまく打つ方が難しいだろう。
これで 毎度毎度 うまく打てるのは
限りなく曲打ち、曲芸に近い。

しっかり 骨盤が右を向くことによって
それを戻す時間も稼げるし
基本 上から打つ という
進行方向が低い時間を作ることが出来る。
124

肩だけを回したスイングでは
進行方向が低くなる時間が存在しないので
切り返した途端から 左向き 上向きのスイング
になってしまう。
 追加になるけど、そこで腕でクラブを下に振れば
その左向き・上向きはさらに助長されることになる。


コースで骨盤を右にしっかり向けるのは
心理的な要因から しっかりと練習が必要。
 慣れが必要
そのためには 顔 視界も
クラブを共に右を向いていく習慣をつけた方が
絶対にやさしいと思う。
スナップショット 2 (2015-04-06 2-08)

視界の中を腕やクラブが 左から右に横切っていくのではなく
視界の中の腕・クラブの位置関係は変わらず
視界ごと 右を向いていく習慣づけ することをおすゝめする。

それによって テークアウェイのテンポも
打ち急ぎにならずにすむだろうし
悪いことは何もないんだけどね^−^

右ひじとここのポイントを変えるだけで
スイングは大きく変わると思う。