またまた おさらいのようなテーマであるけれど
ここを根本的の誤解しているゴルファーは少なくないようです。
そして その誤解がゴルフスイングのとても多くの
問題や悩みを引き起こしているのです。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)







上から打つ は 上からつぶす 
ボールをつぶす と同意語に該当します。
それと同時に
ヘッドの質量を
ボールの打撃に直接的に使う という意味でもあります。

で。。。
その 上から打つ ということを実行するのは
スイングの行為 や 技術でなく

実は 体の姿勢を指すのです


知っての通り スイングには
なんらかというか、とても重要な意味を持つ
前傾姿勢 というのが存在します。
この前傾姿勢は 体の向きの変更に伴い
右を向いているときは
 体の左サイドの方が右サイドよりも低い位置関係
左を向いているときは
 体の左サイドの方が右サイドよりも高い位置関係
というのを作り出します。

蛇足ではありますが、
これを条件として満たすには
フットワークを使って
骨盤から上の胴体をひとかたまり として動かす必要があり、
上半身を捩じって使ってしまうような動きでは
前傾姿勢と左右の体の高さ関係は一定せず
その手のスイングでは多くの場合(プロも含め)
インパクト時には前傾姿勢を失ってしまいます。

上から打つ というのは
その姿勢で
体が右を向いている期間
つまり 左サイド 
➡ボールの飛球線方向
➡運動の進行方向〜ダウンスイングからインパクト方向
 が
低くなっている
  (進行方向が低くなっている時に)
その状態でインパクトにアプローチ
インパクトに入ってくる ということで、
つまり それは体の回転、体の向きの変更の動作
を示す言葉なのです。

ところが、多くのゴルファーは
上から打つ というのを腕を使って
クラブ、もしくはクラブヘッドを下に振る
という 腕の動作(役割)だと誤解しています。
41cce488-s

➡でも腕を使って実際にクラブ・ヘッドを下に振る と
その下に振った分だけ
必ず 例外なく 体は上を向きます。
(左サイドが高くなる・進行方向が高くなる)
自分では下に振っているつもりでも
その土台がどんどん上り坂になっていくのと同じです。
それは タイミングやスピードの問題ではなく
腕を使っている限り
 結果、上に煽り打つ・体を開くか
から 絶対に逃れることは出来ないのです。
左サイドが上がる ということは右サイドが下がる
ということですから、スイング用語では
ツッコミが伴う ということになります。
右サイドが下がれば インパクトまでに右腕は伸ばせませんから
アドレス時に構えた姿勢よりも開いたロフトで
インパクトすることになります。

スナップショット 3 (2013-11-30 14-41)

面白いもので どれが鶏で どれが卵かわかりませんが
前傾姿勢が維持できていれば
かなり高いところにあるボールを打てるのに
前傾姿勢を失えば、ヘッドを下に振らなければなりません。
また、クラブを下に振れば、絶対に前傾姿勢を失うのです。

これまた 同時に
クラブヘッドを振ることになるので
本来要らない筈の遠心力(不可抗力)がかかりますから、
重くなり、体重は左に移せません。

その場所が外〜下に引っ張られるので
それでも定点のボールを打つ為
それとは反対の方向に体を引っ張ろうとするので
これまた 必要以上に体が開きます。

と色々書きましたが
クラブを上から打つ という行為を
腕の作業だと誤解しているだけで
スイングのほとんどの問題が発生するのです。

一言で言います。
ボールを上から打つのは
腕の作業ではなく、
  足の作業なのです。