以前 お客様に 1キロのヘッド はどう?
と質問されたことがありますが、
それも「アリ」と思います。

1キロのヘッドは使う方には
ものすごく楽だと思いますが、
それを支える為のシャフト開発は
かなり大変だと思いますね…。
まして 柔らかいシャフト専門の弊社としては
現実的ではないのかもしれません。
   ものすごく興味はあります(#^^#)
001


現実論ではないと思いますが
ヘッド、長い棒の先端部分に重さが集中している
という構造に 違いはありません。

先端に10キロ、30キロの重さのヘッドが
ついている時、どのように扱えばいいのか
どのように移動させればいいのか
は ゴルフスイングの大きなヒントになります。

現代の ゴルフスイングの主流は先端に重さのない棒、
棒状の物体をどう扱うか ということに集中しており
本来は 重さを増やすための物であるながさ、
そして その破壊力を単純に推進力だけでなく
クラブによって距離を打ち分けられるよう
回転や角度に変換させるための仕組みで
棒状のもの という扱いは主ではないのです。

重さが30キロのヘッドが付いていたら
遠心力でヘッドを速くたくさん動かしたら
どうなるでしょう。

 単なる 腕力・握力勝負の遊びになるでしょう。

そして その扱いは明らかに
 クラブでボールを打つ ではなく
 クラブをより遠くに投げる という遊びに
近づくのではないでしょうか。
005

本来の 長さも含め重さは
人間自身が作りえない 破壊力を打ち出すため
打撃の為の破壊力を作り出すためのもののハズが
打ち手の体力を試すものになってしまいます。

少々オーバーな話ではありますが、
ヘッドの重さは少なくとも存在するわけで
重さを ゼロとして 棒をいかに振り回すか ではなく
重さを 30キロと仮定して その重さを
どう利用するか という方が
クラブの扱い方として 正しい道筋だと思います。

人間の体の動きによって
グリップが動いて、そしてその結果としてヘッドが動きます。
その時に 1メートル近い棒の先についている
30キロのヘッドがグリップよりもたくさん動くでしょうか。
グリップよりも速く動けるでしょうか。

体が回転すること、向きを変えることによって
意図的ではなくとも 曲線や円で移動するグリップに対し
30キロのヘッドも円を描くでしょうか?
場面、場面でのクラブの姿勢、ヘッドの姿勢は
スイングの次の展開にとても重要になるでしょう。
まず 型としての人間の姿勢がありき ではなく
クラブの姿勢、位置を作るための人間の姿勢
という優先性になるのではないでしょうか。
ヘッドの重心位置がシャフトより右にあると次はこうなる、
左にあると次にこうなる って考えるように
なるんじゃあないでしょうか…。


スイングを覚えていただくのに
腕力やちから、体力に自信のない人ほど
早く迷いなく覚えてもらえる傾向があります。

腕力や体力、力や速度によって
最後は解決してしまう人ほど
スイングは変わらない傾向にあります。

飛ばすために速く動きたい
速くヘッドを振りたい という気持ちは
分からないわけではないですが…。

運動神経や運動性能の高い人ほど
スイングを早く覚えてしまいそう…ですが、
ことゴルフスイングに関しては
例外はあっても その傾向は強いです。殆どとも言えます。
そこにもクラブ扱いのヒントが秘めていると思います。

スイングは 自分の意志を持っての動作と
クラブを動かしたときに働く重力や遠心力などの不可抗力
これが合体したものです。
人間は 定点に置いてあるボールを当てるため
 そして打ち出したい方向 という条件を満たすため
その 実際は自分が作り出してしまう不可抗力を加味しながら
自分の意志の動作を常時修正を加えています。

正しくない 定点のボールを当てやすい不可抗力
 打ち出したい方向に打ちやすい不可抗力を
作り出すことの方が正しい判断で
定点のボールを当てにくい不可抗力や
打ち出したい方向に打ちにくい不可抗力を
小さくするため ヘッドを軽くし、シャフトを硬くする
というのは 本末転倒だと思います。
不可抗力を封じてしまうのではなく
正しい方向に不可抗力を使う工夫の方が重要です。
gp2

どの道 ヘッドには重さがあり
シャフトには運動(打ち手への促進性)性があります。
それが 破壊力増大になり、運動にしやすさになるための
ゴルフクラブですから、それを減らすのではなく
それを正しい方向、正しい不可抗力にしていくことの方が
運動性や運動性の低下、加齢による不安から
より解消でき、ゴルフクラブと楽しい時を過ごせると思います。

重いヘッド、柔らかいシャフトが使えるようになると
動作は…ものすごく簡単になります。 楽になります。
全部とは言えませんが、ほとんどクラブにやらされるような
そんな感じになります。
そして 重いヘッドと柔らかいシャフトを利用して
ボールが打てるようになると
その素晴らしい球筋は体力とは関係なく
年齢や性別と関係なく打てるようになれます。

あと 不可抗力を封じようとするゴルフでは
飛ばすことを まっすぐ行かすことは
相反するものになりがちですが、
基本は共有なものです。
そして パターやアプローチまで含め
スイング・ストロークは共有なもの というのも
理解できるようになると思います。