スイングを構築していくのには
間違った認識やイメージの土台があっては
先に進むことは出来ません。

スイングの絶対的な約束は
「ゴルフクラブは自分(クラブ自身)では動きません。
 ゴルフクラブ・クラブヘッドの移動・運動の源は
 それを使う打ち手の移動であり、運動です。
 ゴルフクラブが打ち手の移動や運動を促進や手助けしても
 決してゴルフクラブ自身は移動・運動はしないのです。」

もう少し具体的に言うと
打ち手が体の向きの変更〜回転やら、何やらをして
グリップを動かすから、クラブが動くのであって
グリップを動かすから、ヘッドが移動するのです

そして そのヘッド部、先端にあるヘッド部は
クラブの中では特出した重量を持っています。
その重量の分(そこに留まろうとするエネルギー)、
グリップの運動や移動の量よりも鈍いというか
少なく、遅くなりがちなのです。

001


スイングの中で ヘッドの方をグリップよりも
多く、速く動かそうとする行為は
イコール グリップの移動の停止、減速になり
結果、体の回転を止めることになります。


ゆえに ヘッドを振ろうとするスイングのゴルファーは
ヘッドを振る行為をする時、場面は
必ず 体が止まる時を待っている のです。

スイングで そのクラブの構造の
先端に重さがある長い棒 というのの
決して遠心力を使わない とは言いませんが
遠心力を作る方向が180度間違っているのです。
グリップからヘッドの方向にかかる 外に膨らむ
その遠心力の方向は
クラブヘッドがボールを、ボールが目標方向へと飛ぶ
その方向と90度以上異なり
単にヘッドの移動、別な言い方をすればヘッドスピードの
ブレーキを踏むようなものです。
遠心力 クラブのグリップからヘッドへと
外にはらむ遠心力によってボールを飛ばそうとしている人は
飛ばすために より速く振ると より速く動くと
より外にはらむ遠心力を生み出し、
アクセルを踏みながら、さらにブレーキを踏んでいるのと
同じなのです。
スピードが上がらないばかりか、故障の原因になります。

ヘッドの重さには そこに留まろうとするエネルギーと
同時に 位置エネルギーを与えたとき
つまり、高さを取ったとき、重力方向に動くエネルギーも
持っています。
その縦に働くヘッドのエネルギーを
グリップの横移動に使ってあげればいいのです。
遠心力ではないかも知れませんが、
ヘッドの重さを使う方向が180度反転
 ヘッドからグリップ方向へと
ヘッドの重さを使ってあげればいいのです


それであれば そのエネルギーは
ヘッドの移動、ヘッドスピードの邪魔にはなりません。
体の回転通り もしくはそれ以上に
グリップ、クラブそのものが動く可能性を秘めています。

スイングとクラブの関係は素晴らしくよく出来ていて
右を向いているときは 左サイドの方が低いのですから、
打ち手は少し意識的にシャットを
シャフトの軸線よりも やや左にヘッド重心を
ヘッドの重量点を出してあげればいいだけです。
クラブは運動を始めると
ヘッドの重心点とシャフトの軸線の関係によって
グリップの移動や移動方向を定めます。
これには打ち手はなかなか逆らえません。

001


クラブヘッドの下がろうとするエネルギーを利用し始めたとき
シャフトの軸線よりもクラブヘッドの重量点が
右に位置していると 運動の始まりは起きませんし、
グリップを下げる力ではなく上げる力になります。
クラブは自分では動かない とは言いましたが、
少しだけ打ち手が工夫してあげれば
クラブは動くことをためらいません。
というよりも クラブを動かす打ち手を動かします。

その重さを利用し始めたとき
クラブヘッドの重量点がシャフト軸線よりも左に
進行方向に位置していれば、
グリップには下がる力とともに
進行方向に押される力が働きます。
これによって 左サイドがさらに下がる時間を維持でき
インパクト時に前傾姿勢が維持できるチャンスが
ぐっとあがります。

002


逆に ヘッドの重さを重力方向に利用し始めたとき
ヘッドの重量点がシャフト軸線よりも右に位置していれば
左サイドには上がる重さがかかり
クラブは進行方向に動かすのにより重くなりますから、
動作も増え、力も必要になり、時間も必要になります。
結果 この時点でインパクト時に
左股関節のあるはずの前傾姿勢を維持するチャンスは
まず皆無になると言えます。
蛇足ですが、前傾姿勢がなくなれば
必要以上にクラブを下に、
ヘッドを下げなければならないので
よりグリップを動かせません。
体の回転も止めざるを得ないでしょう。
体の回転の勢いを伸びあがる動きで
横移動を縦移動に変え、上を向いてのインパクトが
切り返しの時点で完成している訳です。