刷毛塗りとはハミングバードが推奨する
ゴルフスイングの腕というか、肘の動きです。

インドネシアの踊り…のように胸の前で合掌した掌を
左右の胸の幅に高さを変えず動かす動きです。
20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット

アプローチなどは本来逆に体の回転だけでした方がベターでは
ありますが、ほんの小さなストロークやパッティングなどは
この腕というか、肘さばき スイングの中のその部分を抽出した
その動きで打つのもアリだと思います。

右手を使って、右ひじを伸ばすその動作で
クラブを持った左手を高さを変えず左に押してあげる
そんな動きですが、
この動きは 基本グリップを動かす動きで
ヘッドはその量と イコール、もしくはそれ以下しか
動かさないところがポイントです。
少々オーバーには ヘッドをそのままで
グリップの位置を「高さを変えず」左右に動かす
そんな感じで捉えてください。

これをスイングに取り入れるとき
とても重要になるのは それを「いつ」行うのか
ということになります。

それはどういうことか というと
スイングの俗にいう トップの位置から
一般的に考えられている 先に足〜腰を動かし
それから腕さばきということになると
正しい方向に、正しい動きにはなりません。
sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

なぜならばスイングには基礎として
前傾姿勢があり、右を向いているときは
(ちゃんと骨盤が右を向いているか どうかですが)
このタイミングであれば
右➡左 この方向には下が含まれます。
逆にこのタイミングであれば 下に動かし「始めた」つもりで
結果 右から左へのグリップの移動になります。

ところが 体を回して「から」
クラブを動かしたのでは
それは感覚的には横に動かす感じで
結果 上に動かすことになってしまいます。
なぜならば 体を回してもクラブを置き去りに
グリップを置き去りにしてしまえば
クラブと腕という重量物を右サイドに残したうえ
その状態だとクラブヘッドの重量の位置の関係で
必ず クラブは「寝た」状態になるのでそれは助長されます。
20090801 2009_08_31_23_13_36-316フレームショット

スイングの基本は 足をつかって
体、骨盤の向きを変えることですが
いままで行っていたスイングの習慣もありますから、
骨盤の上にある胴体を同期させ、一体に動かすのは
多くの人が苦手です。
骨盤(腰とも呼びますね)を回してから
肩を回すという のが多いです。
そこで それを同時に、同期させて
結果 体の回転そのもので打撃するのには
積極的に 腕というか、肘を「先に」「先に」
使っていくべきだと思います。

出来れば トップオブスイングからの第一の動作は
肘を伸ばすことによって グリップ…左手を
下に押してあげることです。
その時、前傾姿勢がありますから
左グリップ…左手の甲は下向きに シャットに誘導して
上げる必要があります。
少々 オーバーには左の甲が地面を向くくらいの意識が
あるといいと思います。

それによって 右ひじのさばきによって
下に押された左グリップは
結果として クラブヘッドのその形状の重さによって
左…横へ逃げていこうとしますから
それによって 体の回転に遅れず
体の回転にくっ付いていくようにグリップが移動します。


右ひじのさばきによって
左グリップを下に、結果として胸に対し横に
グリップが押されることが
体の回転のスイッチになるのです。

あれをして 次にこれをして
というスイングの組み立ては
二番目の 次にこれをして を
あれをしての姿勢、方向で考えていますが
スイングはとても不思議な仕組みで
動作中の「いつ」によって 横が下と組みあったり
上を組みあったりするのをミスってしまいます。
動作をシンプルにしていかないといけないのに
より複雑になってしまいます。

特にダウンスイングは
一番忙しい時間のない区域ですから
一つのスイッチで全部をしてしまうように
考えていないと 時とともにどんどん変わってしまう
クラブの不可抗力によってどんどん変わってしまう自分の姿勢を
把握することが出来なくなってしまいます。