右ひじの使い方の続き…になりますが、
クラブは構造上、ダウン➡フォロー 右から左への移動中
体の進行から遅れれば(右にずれれば)必ずロフトが開きます
それは クラブヘッドの重量点(重心)がシャフト軸よりも
右に必ず位置しているからです。

それを防ぐためにも 前傾姿勢プラス右向き分以上の
シャットをイメージしておく必要があるのでしょう。

体の回転、向きを変えるのに
時間が遅れる、タイミングが遅れる、振り遅れる、手遅れ
などの時間進行だけでなく
その道のりが 体の回転と同軸、同期せず
ヘッドやクラブの道のりが多く、長くなれば
それも当然 ロフトの増える状態にたどり着きます

体の回転は、体の向きの変更は
前傾姿勢が残る という条件であっても
基本 横移動、水平運動です。

にもかかわらず それに対し 直角というか
90度異なる垂直方向、縦にクラブを振れば(動かせば)
当然 道のりは体の回転より増え、
体の進行時間より遅れロフトは開く上に
クラブの構造上 ロフトが閉じることはありません。

自分では打つ行為と認識している
「下に振る」
という行為そのものでは打てず
ボールを「フェース」で打つのには
もうひと手間かけなければいけなくなります。
➡このままではソールで打つことになります。

特に硬いシャフト、軽いヘッドに慣れている人にとっては
シャフトをわざとしならせ しなり戻す
もしくはヘッドをたくさん動かす という
長い棒の先に重さが編重して存在し、
そしてその打撃部の重量は右側に偏っている
という構造を無視するクラブ扱いを強調してしまいます。
・・・これではクラブは生きません。
 生きないばかりか、クラブの構造、機能を無視している
 のですから、クラブの差、違いなど毛頭出てきません。


スイングとクラブの関係は非常によく出来ていて
その前傾という、横の移動、水平運動にも
上 下 が含まれています。
下が含まれている時間に 右から左への水平運動に
便乗できれば その基盤にある前傾姿勢も維持され
特に意図しなくても維持されやすく、
逆に 右から左への水平運動を
下が含まれなくなった時期に行えば
必然的にその前傾姿勢は消えます。


下に向かってインパクトに入れば
クラブや腕、体の重さも衝突に使えますが
上に向かってインパクトすれば
重さは使えないうえ、必ず体に不必要な負担をかけます。

知恵 の必要なところではありますが、
クラブは決して下に振らない
クラブのライ方向にクラブを動かさない
  ➡(
テークアウェイの時もね
知恵の輪みたいな感じがしますが
それを解決するのは
「時期」「いつなのか」
「いつクラブを移動させるのか」
ということなのです。

多くのゴルファーは
腕でクラブを振ることは禁忌、タブーと思って
体を先に動かし、結果 腕で振ることになるのです。
ならば 先に覚えやすい腕を使って
体よりも先にクラブを
その体の向き、体の回転のターンテーブルに
乗せてあげる、乗せて上げやすいやり方も
合っていいのではないかと思います。


ちなみに…とっても大事なことなので
付け加えておきますが
 打ち手が動かせるクラブの唯一の場所は
 あくまでもグリップであって
 ヘッドではありません。
 グリップが移動するからヘッドが移動するのであって、
 ヘッドだけが移動するなんてマジックは
 ゴルフスイングとは呼びません。
 ましてや クラブの移動の源である
 グリップの、その移動速度をヘッドが追い抜かす
 なんて 幻想に取りつかれている限り
 クラブを利用する扱いには生涯辿り着けません。