【投稿】ひとつ教えてください

手の高さが腰から腰までのアプローチは

体の回転に手がついていけるようになったのですが、
右肘を使おうとすると、
とたんに腕を振るスイングになってしまいます!
特にダウンスイングで右肘を伸ばそうとするとおかしくなります!
どこへ向けて右肘を伸ばせばいいのか教えてください
お手紙有難うございます。
右ひじの使い方がスイングの大きなカギを握っている
と言って間違いがないと思います。
それほど重要です。

ひとつ実験してみてください。
腕を伸ばし(地面と平行な感じ) 掌を上に向けたまま
肘を曲げてみてください。
使われているのは腕の中の筋肉ですよね。

で、今度は掌を下に向け
掌を動かす感覚ではなく、肘を外に張るように
肘を曲げてみてください。
横の人に肘鉄をくらわすような感じになります。
この時に主に動くのは肩回り〜背中の筋肉です。

20090801 2009_08_31_23_45_58-172フレームショット



sample 2009_09_19_23_41_53-255フレームショット



筋力は筋肉の断面積に比例しますから
より大きな筋肉を動かしたほうが力が出ます。

「肘を動かす、肘を使う」というのは
肘の位置を動かすことで、
曲げたり伸ばしたりもしますが、それが主ではなく
肘の位置を自分の意志で動かすことで
腕を曲げたり伸ばしたりするのです。

グリップとも関連した話になりますが、
左右のグリップは上下〜縦関係で重なっています。
右手の仕事は
 左手を支点としたクラブを動かすことではなく
 クラブを持った左手を押してあげること。


まあ 結果としては
その右手・右ひじ・右腕の努力は
体の回転にグリップ部分やクラブを追従させ
シンクロさせて移動させるためのもので、
体の回転に対し、重量物であるクラブを遅れさせず
体の回転なりに移動させることにあります。

スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)









腕そのもので動かすのではありませんが、
腕が積極的に回転に対し 
先に、先に、
グリップを動かす感覚を優先したほうがいいと思います。

で 実際に動かす方向なのですが、
インドネシア方面の踊りで
掌を胸の前で合掌して
それを体から離さず 左右に動かす
・・・そんな感じに非常に似ています。
(弊社では刷毛塗とも言いますね)
テークバックもそんな感じです。

肘の動作にそのものによって
クラブをライ方向に決して動かさず
必ずロフト方向に動かすイメージも必要です。

あくまでも胸に平行に・・・
しかし ダウンスイングの初期では
その胸に平行
右から左 には  が含まれています。
ゆえに「先に」右の手でグリップを持った左手を
押してあげるイメージを先に持ったほうがいいです。

人によってはダウンスイングの先駆けは
 左ひじって場合もありますけれど

しっかりシャット方向にクラブをキープしておけば

右手で グリップを持った左手を押す というのは
同時に体の回転(左斜め下へのシフト)のスイッチとも言えます。



インパクトまでに右腕を伸ばす
というのは大変重要なスイングの基礎ですが、
腕を伸ばすは グリップを体から離す とは違います。
体からグリップが離れるような腕の伸ばし方は
伸ばすことによって クラブをトゥダウン方向に
下に振ろうとしているから かもしれません。
腕を伸ばすのは重要ですが、それは結果論と捉え
右腕で 左グリップを 左斜め下

トップオブザスイング時の左太もも方向に

初手
 として押してあげる感じです。