スイング〜ショットは単純に考えて下さい。
それぞれのイメージでいいのですが
ショットは、打撃は円を描かないと打てない
ヘッドとボールが当たらない と言うのは確かです。
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
しかし、体の向きを変える⇒回転する
というのが円を描くこと
即ち、体の向きを変えることその物が打撃なのです。

結果的にクラブヘッドで円を描かいといけないのは
分かります。しかし、それは体の向きを変えることで
十分満たせるのです。
体を回して、円を腕で描く必要はないのです。
腕で円を描かず、体で描けば
腕よりもずっと大きな筋肉で動かせます。
腕で円を描かず、体で描けば
ゴルフのショットで大切なロフトを
インパクト次第の当てずっぽうにする可能性はなくなります。
腕で円を描かず、体で描けば
それによって発生する遠心力で
自分では一番自覚しにくい自分自身の姿勢の崩れを
事前に防げます。
その姿勢は一番インパクト時のヘッド姿勢を決めます。
手先でいじれるロフトやヘッド姿勢などたかが知れています。
入射角度との複合もありますが
手先ではプラスマイナス10度程度でしょうが、
体の姿勢ではプラスマイナス25度位簡単です。
しかも、ゴルフの場合
ロフトが更にマイナスになる
 というのは現実的でないので
手先も体の姿勢も ロフトを増やしてばかりです。
時として煽り打ちになり ロフト効果を減らすことは
ありますが、腕で円を描けば
概ね 大幅にロフト効果を増やしてしまい
打撃のエネルギーはスピンと高さに化けてしまい
飛距離を無駄にしてしまいます。

体で円を描く、体の向きを変える
体の向きを変えることが打撃そのもの には
距離、方向性、くりかえしの安定度、ミスの寛容性
あらゆる面においてデメリットは無いんです。
許容性を大きく持った答えは一つしかないんです。
スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)

逆に、腕で円を描くことにはデメリットしかないんです。
偶然にうまく打てたとしても
それを10球続けてすることは不可能に近く、
仮に奇跡で10球打てたとしても
10種類の別の種類の弾道、距離を打つことになります。

打ち手の動作としての技術的にも
体で円を描くことは遥かに遥かに簡単なんです。
比べることが出来ない位、難易度は異なるんです。
腕で円を描くということは 支点の異なる二種類の円を
描くことになりますし、クラブの重さを敵にするだけです。

一番の障害は
自分の頭の中にある「固定観念」「スイングの当たり前」です。
自分の中にある「スイングの当たり前」をリセット出来れば
今日、この瞬間にも出来る可能性があるのです。