ミスが何の結果にもつながらない練習場とは異なり
コースでは少なくとも「緊張感」は高くなる。。。
興奮とも言うけど、その交じり合ったもの。
自分の番は早く終わらせたい
と練習場よりもそんな心理は強く働く。

そうなると どうなるか というと
⇒スイングの始動スピードが必ず上がる。
一般的に スイングの始動スピードが上がると
手で、左手でテークバックを取り始めてしまう。
ゴルフだけに限らないけれど、緊張が高まると
総じて 足が動かなくなり 上体…ゴルフで言うと腕
だけが動くようになりがち。

体の向きを変えるというのは
お尻や太ももなども含めたフットワークで
胴体〜上半身を動かす のが本流。


しかし、胴体ってのは30〜50キロ近くもある
とても重たいもの。

たかだか200g(弊社のは230〜240g)
のモノを動かすのに、30キロ以上もあるものを動かすのは
面倒と言うか、速度が上げられない。
打つために⇒ヘッドを動かすために⇒体を動かす
って言うのを忘れちゃうわけ。

―藉の段階で 手で上げてしまうと
まず クラブがセンターから体の右にずれます。
⇒よく 「クラブが来ない」とか「遅れる」とか
 言う人の典型ですけど、
 自分で初めからずらしているのですから
 そりゃ無理です。
 ヘッドは重量物ですから、切り返しをして
 左回転を始めた時、自分が始めからずらしてるんですから
 そりゃ 右のズレは増えましても、
 減る訳はないです。
     …だから 体止めるんですねー。
⇒また 最低限のシャット(体の傾き分+α)を
 維持しておけば、クラブの形状とその重さの働きによって
 グリップは進行方向へと押されるようなるので
 インパクトポイントが左(前)にできます。
 ここ 結構重要なんです。
 ボールを捕まえるということでも、飛ばすという事でも。

 ⇒慣れていない方はアプローチでもいいですから
  シャットをちょっとオーバーに
  フェース面を地面に向けて置く 位で練習した方がいいです。


1Δ縫魯鵐疋襪鮴擇襪茲Δ併兩になるので
テークバックの時点で前傾姿勢が崩れます。
というよりも 消えてしまいます。
⇒この時点で前傾を失い始めるので
 ダウンスイングで体は上を向き
 クラブが右にずれている分
 体を開いてインパクトポイントを造らなければなりません。
    ⇒必然なんです
 スライスになるでしょうねー
 ですから、テークバックの初期
 手で上げること、骨盤から上の胴体を回すでなく
 
胴体を捻って肩だけを回す ってことをおざなりにして
 体が開く とか
 体が突っ込む とか
 振り遅れる とか
 言って、直したり、アドバイスしても無意味なんですよ。

スナップショット 4 (2015-03-12 14-58)


どんなに経験豊富で慣れていても

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)


この緊張感が伴った時
特にパッティングもそうだけど
ヘッドを動かすために何かを動かす
と言うことが出来ず、
ダイレクトにヘッドを動かしちゃうんだな。

パターストロークでもショットでも

595bd670_Ben20Hogan20Backswing


∈枯咾鮗腓妊董璽バックを取ると
クラブは開きます(ロフトが寝る)
⇒シャットが保てないと にもつながりますが
 往復の移動で前傾姿勢が保ちにくくなります。
 クラブの形状とその重さの仕組みは
 自然に打ち手に前傾姿勢を維持させるよう出来ています。
 しかし、それをひねくって使ってしまえば
 その形状と重さの意味は消失し
 単に負荷として働くだけです。

スナップショット 2 (2015-04-18 18-57)