ゴルフをやさしくしたいのであれば
出来るだけ柔らかいシャフトで
出来るだけ重たいヘッドの
出来るだけ「大きなロフト」のドライバー

を使いましょう。

ゴルフクラブの役割 として
今、今日、現在 うまく打てるとか、飛ぶとか、
そういう事だけでなく
それを使い続けることや
そのクラブを使いこなすことで
自分の構えや振り方、タイミングを変化させることなど
色々な形で自分に影響を与え、自分を変化させます。

例えば、軽くて振り易い と呼ばれるクラブを使えば
ヘッドの重量が無く、クラブに破壊力が少ないので、
非力な人、運動性能に自信のない人は
バンカーが嫌い〜苦手になるケースが多々あります。

本当に苦手になる と言うのに加え
精神的に苦手意識を持つことは
金額では表しきれないほどの「損害」です。

ドライバーも同じです。
001

軽くて振り易いクラブだと
出来る限り速く振らないと飛びません。
そして、速く振ると「スライス」します。
前門の虎、後門の狼をかいくぐり
上手く打てる時もある訳ですが、
多くの人がドライバーを苦手…もしくは嫌いになります。

柔らかいシャフトの重いヘッドの
ロフトの大きなドライバーは
飛ばすためには ロフトを締めて打てばいいだけです。
ロフトと締める とは
その製品ロフト通りに打てばよいという事です。
一般的なアマチュアおじさんゴルファーにとって
製品ロフトの12〜13度は決して大きすぎて無駄を生みやすい
と言うロフトではありません。
十分です。
体の回転通りのスピードで打てばいいのです。
軽いクラブ等に比べて、ずっと運動性能は低くて大丈夫です。
軽いクラブであれば、立ったロフトであっても
速く振る〜ロフトが増える と言う矛盾の中に埋没しているので
柔らかい、重いヘッドのクラブを体の回転の速度通りに打つよりも
ずっと大きなロフトでインパクトしています。
故にさらに無駄なスピード増加が必要になるのです。

そして 軽いヘッド、硬いシャフト
きついロフトのドライバーは
元々の製品ロフトがきついので
上手く打てた時に方向などのミスに寛容でありません。
6178a215

大きなロフトの 重いヘッド、柔らかいシャフト
のドライバーはミスをした時に ロフトが大きいので
ミスは高さとスピンに逃げてしまうので
距離はロフトしますが、OBなどのミスが出にくいのです。

また、そのドライバーを使い続けることによって
ドライバーの苦手意識も持ちにくく
体の回転でクラブを動かしていくことを覚えやすいので
ほかのクラブ、特にアプローチショットなどにも
良い影響があるでしょう。

クラブは必ず良いにつけ、悪いにつけ
それを使うことによって影響を与え
かならず変化を促します。
そこを意識していれば、プロであっても
高い契約料に誘われて、その後のゴルフ人生を
狂わせしまうケースは未然に防げるのです。