ゴルフのショットの魅力の一つ「飛ばし」
 遠くに飛ばすことのできる「ドライバー」
 …ロフト15度以下のウッドクラブを指します。
 を選ぶ時の注意点を少し…。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


手で振ってしまう人にとって
ドライバーは 真っ直ぐ生かすため振らない
遠くに飛ばすため、曲りは覚悟する
と言う二元性の高いクラブです。
この手のタイプの人は硬いシャフト
小振りなヘッド(重心距離の短い)
を選びがちですが、その際 ヘッドの重量は
ある程度あるものを探した方がよいです。
シャフトが硬い、重心距離が短い というのは
双方 クラブに飛ばすエネルギーが少ない 
と言う意味ですので、
少なくともヘッド重量でそこは補った方がよいです。

ドライバーショットのボールの衝撃は
800〜1トンを超えます。
その衝撃を緩和するためにもヘッド重量は欲しいところです。

体の回転でボールを打てる人は
柔らかいシャフト、大きなヘッド(重心距離の長い)
モノの方が適しています。
そのシャフトの柔らかさ加減、大きさ加減にもよりますが
一般的なイメージよりも
大きなロフトを選ぶとよいと思います。

☞正しくクラブを扱えると言う条件で、
 柔らかいシャフト&大きい(重い)ヘッドは
 インパクト時にロフトの立ち を造ります。
 ヘッドの重さ、形状とシャフトの柔らかさが
 グリップを進行方向に押し、ナチュラルなハンドファースト
 を造るからです。

大きなロフトのクラブは
正しく打てれば飛んで、
ミスをした時にミスが左右ではなく
高さに逃げるので、とても安全です。

また ロフト効果(ライ角度との関係)によって
見た目と違う フックフェースを造るので
右には行きにくいクラブとなります。
(良いことばかりではありませんが…)

22dfc18d-s


気持ちは分かりますが、とかく飛距離の魅力に
引っ張られ、製品ロフトとしてきついロフトのクラブを
選びがちです。
体力や年齢にもよりますが、
ロフトのきついクラブは ボールは捕まり易いですが
ミスには非常にシビアなクラブになります。
アマチュアの平均的な体力であれば
11度位を境に それより立ったクラブを使って
良いことはあまり多くありません。

未来に向けてのスイング構築も考えると
大きなロフトのクラブで低く打つ打撃の方が
小さなロフトのクラブで高く打つ打撃よりも
ずっとずっと良いことは多いです。