クラブの構造をご覧ください。
当たり前と言えば、当たり前ですが
『シャフトはクラブヘッドのヒールに接続されています。』
そして先端部分であるトゥ部は
 物理的言えば質量に当たります。
ymage

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
人間が動作によって、グリップ部分を移動させるから
結果として重量物に当たるヘッド部分も
移動するのです。

それと同じく、グリップが移動するのと
直接関係にあるのは クラブヘッドではヒール部分です。
クラブヘッドのトゥ部分は質量なのですから
ヒールよりもたくさん動くことはありません。
つまり、人間が動作をするとヒール「が」移動する
という事なのです。

当たり前のようなことですが、
意外と忘れられていることなのではないでしょうか。
テークバックであっても、ダウンスイングであっても
人間が動作するからグリップが動き、
それにつながっているヘッドは仕方なく動きます。
ヘッドが動く〜移動するということは ヒールが移動する
ということで、これも同じく
つながっているので 仕方なくトゥも移動するわけです。
004

ですからヘッドが単独で回転する
ヘッドローテーションというのは
 質量と言う法則に反した不自然な動き となる訳です。