弊社のクラブに比べると
市販の平均的なクラブは ヘッドはものすごく軽くて、
シャフトはものすごく硬い。
数値で言うと 5番アイアンで240gと310g
硬さの目安の振動数では 300cpmと170cpm

これだけ軽い打撃部分、これだけ硬いシャフトだと
比較論ではあるけれど
クラブがなにかしてくれる ってことは少ないから、
なんでも自分でやらなくてはいけないし、
軽くて硬いから、それがしやすい。
クラブヘッドの位置や姿勢も感じにくいから
クラブからクラブの動かし方、スイングを学ぶことも
非常に出来にくいから、
なんだか静止画像をつなぎ合わせたような形ばかりの
スイングを追いかけることになってしまう。

面白いと思うのは
★クラブを振る
★ヘッドを振る、
★自分の動作・動きよりもクラブをたくさん動かす、
★クラブを腕で振る方法 は
かならず 大きなロフト効果になる打ち方に
なってしまうから、その分 さらに速く振らないと
飛距離にはなっていかないし、
ロフトを開いて打つことになり易いので
原則、スライス回転から逃れられない。
より速く振った分だけ、距離になるとは限らない。
振れば振るほど スピンに化けてしまう。
インパクト付近というスピードも最高点に
なる場所で、ヘッドを操作するという
忙しい神業が待っている。。。
003

片や 重いヘッド、柔らかいシャフトで
ボールを打つのには、いかにクラブを動かさないで
自分が動いた分、クラブを移動させるから
締まったロフトでインパクトしやすく
スライス・フックという事では
フック回転しか打てなくなる。
ボールを無理に捕まえようとしないで
打たないと フックフックの連続になってしまう。

動作よりもクラブをたくさん動かす方法は
遠心力などを使って「ヘッドを振る」と言う行為が
インパクト付近に来るから、
自分の動作で管理できないスピードになっていて
距離のコントロールが非常にしにくい。
そして、ロフトを、フェースを操作しながら打つので
スピードが決まっても、インパクトロフトが安定しにくく
その方法ではアプローチと言う
距離を調整というか、コントロールすることに対し、
もっとも不適切な方法になってしまう。

動作通りクラブを動かす方法では
自分の動作でスピードをコントロールすればよく
クラブヘッドは単体では動かさないから
容量さえ掴んでしまえば、インパクトロフトは
一定になり易い・・・。

フルショットにも、アプローチショットにも
非常に適切な方法なのにもかかわらず
それが一般化されないのは
今現在、流通している殆どクラブが
何の効果もない、、、とまでは言わないけれど
非常に効果の薄い、クラブの性能が薄められた
原則、人間の運動性能で
ボールを打つことに特化したもの。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5

まあ これではどれを使っても差が出にくい(出ない)から
新しいクラブを買ってみたい と言う欲求が
どんどん消えてしまうのだと思うなぁ。。。
お金、予算のことは別にして
新しいクラブを買う、模索する、調べる って言うのも
ゴルフの楽しみの一つだと思うけれど
それが ここまで薄められてしまうと
ゴルフ界、ゴルフ用品界にとって
いいことは少ないといつになったら気づくんだろうね。

そして同時に体を痛めるばかりでなく、
ゴルフをやり始めた若い世代の人が
うまく行かないばかりか、
打撃=痛い思い
をして 魅力を失ってやめてしまうケースが後を絶たない。
言葉は悪いけれど、脳筋のアスリートだけが
残ってしまってはゴルフ人口は激減してしまう。
本来、
道具を使ってやるスポーツ、遊びは
道具の性能差、道具を選ぶ技術
そして道具の使い方の方が 
運動性能を上回るから面白いのであって

人間の素の運動性能を競う のであれば
別にお金と時間をかけて ゴルフを選ぶ必要が
なくなってしまうもの。



近年、ヘッドもシャフトも派手派手の
けばけばしい色使いのモノばかり出てきて、
色々な色があるのは悪くはないけれど
クラブの効能と比較すると
あまりにかけ離れた感じのデザイン、色だから
そこでしか 差別化出来ないのかな と感じる訳です。
古いセンスだとは自分でも思うけれど、
毎度毎度、派手派手しいクラブやウエアって
腕自慢、体力自慢をさらしているようで
日本人の体質にはいまいち
マッチしないような気がしてならないんだよね。