ゴルフの構えには 『前に傾きを造る前傾姿勢』
  というのがあります。
BlogPaint

前傾姿勢を造る大きな理由の一つに
前傾姿勢があると、打ち手が手の動作として
クラブを上下に大きく振らないで済み
クラブの移動を大きな筋肉、部位に任せられます。

そして、もう一つ、クラブにはそれぞれロフト角度があり
クラブの長さがあり それが生きることが
打撃の破壊力を効率よく ボールの速度、回転、角度に
分散させ、距離を分けられるわけです。
その機能を維持するのには、打ち手が
長さに応じて、前傾姿勢を変えるだけで
自分の上半身に対し、クラブの動かし方は変えない
というのがポイントになるのでしょう。

そのためには 少なくとも ある程度 正しく
前傾姿勢を作っておく必要があります。

多く見かける間違いなのですが、
前傾姿勢とは 腰の折り具合、背中の曲げ具合ではなく
骨盤と大たい骨の角度差を指します。
無理に背中をまっぐす、反らすまで真っ直ぐしておく必要は
ありませんが、背中を前に折り曲げるのは
前傾姿勢とは異なります。

そのためには 基本の構えとして
体の重みが ちゃんと靴に乗っかっている必要があります。
直立の姿勢から 前にお辞儀するのではなく
・・・腰やお尻の位置を固定し、頭を前に出す のではなく
逆に、頭の位置が変えず(その位置で下がりますけど)
お尻の位置が後ろに下がるのが基本になります。
頭と靴の位置が固定で、お尻が下がり「くの字」を
造るのです。
BlogPaint

これでは、体重はかかと、後方にかかってしまいますから
「膝と足首をおおむね均等に曲げ」
体重を靴全体、土踏まずや拇指の方にかけていきます。

スキーで言うところの
脛がスキーの靴のべろを押している
そんな感じです。

筋力や年齢にもよりますけれど、
前傾姿勢は「あれば」いいので
特に深くする必要もありません。
筋力や持久力に自信がなければ
ありさえすれば、浅くていいのです。

足首を曲げるのは量は兎も角 絶対条件ですが、
膝も足首も「曲げたー」と言うほど曲げず
はっきり曲がってないけど、伸びてもいない
あたりが一番柔軟性があるような気がします。