ゴルフの構え、アドレスを取るとき
両足を適度に広げます〜スタンスといいますね。

肩幅程度と言われますが、
脚力に自信のある方はやや広め
あまり自信のない方はやや狭めがいいかと思います。

スタンスを取る際、
とても大切な注意点は
ゴルフのアドレスは クラブヘッドが目標に向きます。
そして、自分のスタンス、アドレスは その線に対し
平行で、どこまで行っても交わらない
 ということです。
yjimage

これ、結構訓練しておかないといけません。
何気なく構えてしまうと
自分のスタンスが目標を直接向いてしまい、
クラブヘッドの目標はそれと平行に右にずれてしまいます。
その習慣が身についてしまうと
右を向いて、ひっかけて打つ という打撃が
身についてしまうのと同じなのです。
アマチュアゴルファーにとても多いパターンなのですが…。


スタンスを取る際、休みの姿勢と同じに
つま先ややや開いた方がいいですけれど、
後々のことを考えると 左足を方をちょっとだけ
多めに開いていた方がいいかも…しれません。
002

その目標に対し、平行にスタンスする
と言う点で も一つ注意しておくべき点は
その つま先の開きにもよりますが、
その基準点になるのは 
つまさき ではなく
『両足のかかとライン』!!!!
これは 練習場などで
始めのうちに かかとにクラブなどを置いて
練習しておいた方が あとあと よいかな と思います。


スタンスの向きは ボールの位置関係と
大変密接なものなので
どの道 ゴルフの構え、アドレスは始めのうち
違和感があるものですから、違和感のある内に覚えてしまうのが
いいでしょうねー。