スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)ゴルフスイング用語でよく使われる
『スイングプレーン』とは
スイングを前や横から見た時に
ヘッドの通る道、軌道や
シャフトの作る面を指します。

このようにスイングを画像や動画にした時に
比較しやすいので スイング練習で頻繁に使われますが、
 *絶対的な原則として
基本姿勢のアドレス、構えに前斜(前傾)姿勢があり
そして、体の向きを変えることによって
このような 傾いた円系の跡になるわけです。
それを 手さばき、手使いでつくってしまおうと
するのは非常に大きな間違いです。

手さばき、腕さばきで スイングプレーンを造る
なぞろうとすれば その円弧の大きさも含め
それは立体の動きですから その軌道は無限な種類に
なってしまいます。

スイングプレーンを手ばきでつくる と言う行為は
非常に多く、非常に大きな過ちで
それを追いかけている限り、生涯答えは掴めないのですが
まあ、それはさておき・・・

スイングを造る際のイメージとして
とても大切な部分
とても説明し辛く、イメージもしにくいと思いますが
スナップショット 2 (2015-07-24 1-21)
そのスイングの軌道
スイングプレーンに対し
打撃面であるフェースは
いつも外、自分でない方を
常時向いている ということです。

となると その軌道に対し
ボールはいつも外
軌道よりも外側にあるという事になります。
これもイメージではありますが
テニスや卓球などのグランドストロークに近い感じ
というところです。
打撃面を伏せて(地面に向け)
ラケット(ゴルフクラブ)を固定し
フットワークでボールを打つ
というのは大変似ているショットだと思います。


その逆で たぶんこちらの方が多いイメージだと
思うのですが、
このヘッドの通る軌道に対し、ボールが中にある
ということは 常時打撃面のフェースは自分側を
向いているという事になります。

これでは 打撃の力は球体に対し
回転にしかなりませんから。。。
俗に言う こすり球製造方法になってしまいます。

スイングプレーンを強く意識する必要は
本来、一切ないのですが
それを 手で作らないという行為にもつながっていくので、
始めの時点でそのイメージを持っていた方が
よいかなー と思います。