柔らかいシャフトであっても無くても、
多くのゴルファーは シャフトをしならせてしなり戻して使う
と言う認識を持っています。

その使い方は、正直何一つもメリットはなく、
悪いこと、うまく行かないことのてんこ盛り状態なのです。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

まず、一つ目
その作業はすべて手、腕での作業になるからです。
体がある一定の速度、もしくは加速状態で動いている限り
シャフトをしなり戻すことはほぼ不可能です。
体の動きが減速、もしくは停止状態になって
初めて シャフトをしなり戻し始められるのです。
強く、速くシャフトを動かすほど
ヘッドの重さによって クラブは外に膨らもう、飛び出よう
としますから、より強い握力が必要になります。
腕で速く振ろうと作業するのに、手は握りしめる という
速く振る動きを阻害する動きを同時にするのです。
要は腕力勝負という事になります。
それでもやりますか?
sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット

次に、ゴルフクラブは構造上
しならせる〜しなり戻す と言うシャフトの動きに
必ずねじれが発生します。
シャフトの軸線上にヘッドの重量の中心点がないからです。
その捻じれは ロフトの変化だけでなく
ライ角度やヘッドの向きや姿勢まで常時変化させてしまうので
すべてのものが一致した状態は繰り返せません。
毎回、何かが違うのです。
しかも シャフトをしならせるということは
クラブの長さを短くするということになりますから、
ボールと打点の間隔調整が毎回必要になります。
長さだけでなく、ヘッドの円弧もきつくなります。

ロフト角度は望みどおりで
クラブの長でも想定内で
ヘッドの高さもおおよそOK
ヘッドの向きの想定内


少なくとも以上の条件が揃ったとき
まあまあ のショットが出るわけですから
練習量が豊富でないおじさんゴルファーが
似たような球筋、距離や高さなどを打つのは
かなり難しい と言えるでしょうね。

ロフトの付いたクラブ
それが10度と少な目であったとしても
シャフトをしならせて、しなり戻して使う限り
それよりも必ず大きなロフト効果で
ボールを打つことになります。
例外がないとは言えませんが
多くのアマチュアゴルファーは
ボールが高めで、スピンが多く
スライス気味の球筋です。
まあ 正直、そうやって打つ限り
その症状から抜け出ることは難しいですし、
加齢とともに腕力が落ち、握力が落ちていけば
より難しい打ち方 だということです。
おもちゃの鼓笛隊-163フレームショット

そして、シャフトをしならせ、しなり戻して使う
ということは その軸点にあるグリップエンドを
止めておかなくてはなりません。
今風な打ち方で言うと、グリップエンドの横移動を
止めるので、必ず 左サイドは引っつれたような
横移動を上移動に変えて グリップの横移動を止めます。
これ。。。正直 とても体に悪いです。
腕のローリングも多い打ち方ですので
肘や手首などへの負担も少なくありませんし、
その上で 左サイドを引っつらせて打てば
首や肩にもとても負担がかかります。
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

。。。。
これで ものすごく飛ぶのなら
まあ その選択もありかな・・・とは思いますけれど
ヘッドを返して ひっかけ気味に打てた時だけ しか
それらしい弾道にはならないので
偶然を追い求めるような確率になってしまうでしょう。
多くのゴルファーは
自身の最大飛距離を「自分の飛距離」と認識しますが、
普通のゴルフコースで 14回打った
その総飛距離が自分のドライバーショットの飛距離で
偶然出た火の出るような当たりは
シャフトをしならせて しなり戻して打とうする
その方法にとっては確率的に ミスショット と言えるのです。
その打ち方である限り
だいたいの球は 高めの、スピン多めの、スライス気味の
球になる筈、それがそのショットの実力、
本来の姿なのです。