スイングというか、クラブの扱いが悪くなってくると
それは
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)
だいたいグリップに出てきます。

世間一般では、グリップは フック、スクエア、ウイーク と
握るアングルと言うか、方向で判断、区別されることが
多いのです。
しかし、スイングチェックの目安としては左右のグリップの
上下の離れ具合で見るといいと思います。

自分でも確かめてみるといいと思いますが、
ラウンドの始まりとラウンドの後半〜終盤
必ずと言っていいほど、グリップは上下に離れてきます。

グリップが離れてくる原因は
手作業が増えてくることなんですが…
例えば テークバックの初期、ヒョイッと手で上げるとか
ローテーションが激しくなるとか。。。
だいたいの場合、左手のグリップ 握力の低下と比例して
離れてくることが多いようです。
左手の握力が落ちてくると 左手が深く握るようになり
本来、右手の入る方向がふさがれてしまうので
右手が斜め上でなく、横から入ってしまう。。。
そんな感じみたいですね。

グリップが離れてくると
それは必ずアドレス姿勢の乱れに直結して来ますから
ミスショットを誘発しやすくなるわけです。

36ed9c16
42ea91fd

くたびれてきて 左手の握力が低下してきても
グリップが変わらず、アドレスにも影響が出なくする方法は
理解不能かもしれませんが
左手を握らない というか
左手でクラブを支える意識を持たないことだと思います。
左手は初めから指で握って
クラブの重さを支えられないようにしておく…
その重さで左グリップが逃げるような
がちっと受け止められないほどのグリップにしておくこと
だと ハミングバードは考えています。
クラブの重さを左手ががちっと受け止めず
左手をその重さで逃がさざるを得ないグリップが
スイングつくりの理想形ではないかと思っています。

クラブ、クラブヘッドの重さはグリップを動かすための
ものですが、多くのゴルファーは
グリップを支点に ヘッドを動かすもの
ヘッドの重さでヘッドを動かすと考えています。
そこらへんがグリップに表れてきて
くたびれてきて、握力が落ちてくると
左グリップがさらに深く握り、アドレスが狂ってくる訳です。