ハミングバードでお薦めしている
★クラブを起こしてから…体の向きを変える
★グリップを下げてから…体の向きを変える
このドリルなり、練習のイメージは
テニスや卓球のフォアハンドのグランドストロークに
近いものがあるかと思います。

ラケット、腕の姿勢を先に決め
ラケット(打面)を伏せ(地面の方は向け)
とはステップで体の向きを変えることで打撃する。


ゴルファーの多くは
ステップ(足を動かす)してから、そのステップが終わり
下半身の動きが止まるとその反動を利用して
へそから上の上半身を回す=腕を振る
と言う二重の回転で打とうとしています。

これでは足で一回、肩で一回と二重に回転するだけでなく
もう一度 肘から先を回転(フェースローテーション)
が必要になり、結果 3重の回転になってしまいます。


慣れないうちは 左ひじ也、左グリップが
先に移動し、それをステップ(足)が後追いする感じも
良いかもしれません。


あと、このドリルをするのに
とても重要な「観念」「感覚」があります。
このドリルもそうですが、
ダウンスイング以降、スイングには
意図的な「ヘッドスピード加速」は一切必要ありません。

スピードを速くするのは
全体のスピード、動作スピードを上げるだけで
フルショットであろうが、ハーフショットであろうが
スイング中の加速は一切同じなのです。

多くの方がダウンスイング中…加速
ヘッドスピードを上げようとしていますが、
それは全体動作スピードで上げるもので
ダウンスイング中の「加速」では
例え ヘッドスピードが上がったとしても
その上がり度合いを比例して
インパクトポイントは右にずれてしまいますし、
ロフトが開く可能性が大きくなりますので、
ヘッドスピードを加速させた意味はほとんど無いばかりか
失敗確立を上げてしまう「投げやり」な打撃に
なってしまうのです。
 気持ちは分かるんですけれど
そのヘッドスピードの加速イメージが
スイングの二重、三重の回転を生み出し
体の回転がクラブの移動のきっかけにしかならない
スイングの手順を生み出してしまう可能性が高いのです。
前述の通り、ヘッドを最後に振る動きは
ロフト管理、ヘッドの高さ管理
インパクトの左右管理が一切出来ない
偶然待ちのような打撃方法です。
しかも、体への負担は格段に高いですから
若い時ならばいざ知らず、ある程度の年齢になったら
出来れば避けなければいけないイメージなのです。


 グリップを下げてから…一呼吸おいて…体を回す

このトレーニング、
6番アイアンを持って
10ヤードの転がしから始めてよいと思います。
それを 20〜30〜50ヤード と伸ばしていくのは
ダウンスイング中のヘッドスピードの加速ではなく
全体の動作スピードを変えることで行うのです。
ですので、10ヤード、20ヤードの少ない距離のドリルでは
テークバックと同じ運動速度、
ヘッドスピードの加速のない 等速度運動を
身につけることがとても大切になると思います。

そして、それが「距離感」なのです。