◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/

ゴルフスイングに円「運動」は存在しない

言葉遊びをするつもりはないけれど
ゴルフスウィングに「円」は存在しても
「運動」は存在しない。
ゴルフスウィングを円「運動」だと思って
ショットをしようと すると
終わりなき迷路の中を彷徨うことになるだろう。

image

細かい事は少々省いて
ゴルフショットは 上のような回転する椅子に
座って クラブを持っている
その上で 椅子が回転する と理解すると早いだろう。

外から見た人には 円を描いているように
見えるけれど 当の本人にとっては
クラブを握っているだけ
きっかけはともかく、
円自体も自分で描いているのではない

まして 円「運動」は一切行っていない

それを 回転しない椅子に座って
某女子プロゴルファーが
何処かでこれを行っていたけれど
イスに座って 下半身は動かさず
腰骨から上の捩じり
そして 腕の捩じりだけで振ってしまったら
難しいだけでなく 体への負担も少なくない。
imageCAJZ6XBV

クラブヘッドの非対称性、いびつ性
重量の偏重したヘッドの作りや
クラブその物の極端に偏重した作り
を「利用」するのには どちらが良いと思いますか

クラブを動かさないで
椅子を回転させるのと
回転しない椅子で 体や腕、クラブを捩じるとの
どちらが覚えやすく、どちらが繰り返せるでしょう

片方は いったん覚えれば そんなに
メインテナンスが要るとは思えないのですが…

回転する椅子の替りに 下半身、脚が動く。
脚は体の重さを支えられるだけの
太さや強さも持っている訳で
クラブ自体を動かさず
それをもった上半身が動いているのなら
動いている総体に対し ゴルフクラブの重さは
あまり 大したことは無い上に
姿勢をあまり変化しない状態のクラブで
あれば 不必要な不可抗力も発生しないと思いますが…
imageCAX9G566

これを へそから上で 仮面ライダーの変身
の動きで クラブを横に動かすと。。。
クラブの重さを支えるのは 上の方の少ない筋肉だし
クラブが捩じられるが故に その偏重した形状が
作り出す 打つコト 飛ばすコト 運動するコト
にあまり役に立たないばかりか 邪魔をする! よね~

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. もっちゃん
    • 2015年04月06日 08:20
    • 今の流行りは 右肘を支点に左サイドを斜めに巻き付け 振り解くのがスイングだもんな〜
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック

このページのトップヘ