市販の軽いヘッド、硬いシャフトのクラブを
使い続けると、 
シャフトをしならせる
ヘッドを振ろう とする習慣がついてしまう というか
そうさざるを得ないのかもしれないが、
スイングの概念 として
体の回転があり、 そしてそれに腕での動作というか
作用があることを誤解しているゴルファーが
とても多いような気がしてならない。
394218main_PIA11667_full

ゴルフスイングには前提として
前傾姿勢、アドレス時の傾きがあるから
(前傾姿勢とは 骨盤と大腿部の角度差)
アドレスから、腕の働きを全く使わず
肘を伸ばしたまま テークバックをとっても
その傾きの分、ヘッドは高くなる(地面から離れる)
スナップショット 1 (2014-06-24 14-49)
多くの人はこの多少斜めとはいっても
横の動きに 腕(肘)の動きが加わると
プラスアルファーのイメージというか
そこに 縦の動きが加わる と思っているはず。
glossary_scheme_126
そこが大きな勘違いというか
色々な弊害を生み出しているような気がする。

腕を使うことによって
クラブを縦、上下に動かすのではなく
基礎としてある 斜めの横の運動
その斜めの横の運動(移動)
を 肘や腕の働きによって
角度を変える 角度をきつく する
と考えるべきです。  
意味わかるかしら…

腕によって 上下にクラブを動かすことが
もたらす不可抗力によって
体の回転が横ではなく 縦の運動になってしまう例が
とても多く、それが結果
体を痛める原因になっています。

スナップショット 4 (2013-12-05 18-39)

それを腕によって、その斜めの角度を変える
という意識であれば
運動、動作の原動力は体の向きの変更であるから
腕を使う、肘を使う時期 タイミングも
体の動いている最中 ということになります。

その時期、タイミングがとても大切で
体を動かす、止める という反動でクラブや腕を
振っているスイングは論外としても
多くのゴルファーは体と腕を別々な時期、タイミングに
動かす傾向が少なくないと思います。