ゴルフクラブは、長い棒の先に重さのついた道具である。
その重さは多少の差異はあったとしても
クラブ全体の半分以上〜7割にも達する。
1601112_290033061153432_491263581_n

重さ。。。というのは 重し、重り であるから
自分が動作することによって動くゴルフクラブの中でも
ヘッド部というのは一番移動の量が少ない部分。

・・・・そう思ってないでしょ?!

長さ というものが存在するから
一見するとヘッド部が一番移動したように
『見えて』いるだけであって
自分が動作することによって動く物体の中で
特出した重さを持つ部位のヘッド部が
たくさん動く理由が見つからない。
(同軸線上よりも多く動かないという意)

ショットをする打ち手にとって
体を動かす=向きを変えることによって
動かせるのはグリップ部位だけなのであって
長い棒というだけで鈍感なものであるのに
その上に重さの集中して存在するヘッド部を動かす
その感覚というか、概念が
ゴルフクラブの機能を、クラブの効能を
すべて台無しにしてしまう。

打ち手が動かせるのはグリップだけ。。。と同じく
ヘッドを動かしなさいという意味で言うわけでは
ないけれど グリップの延長線上にあたるヘッドの部位は
当たり前だけれど ヒール である。
シャフトはヒールに接続されている・・・
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

それに対し トゥが存在するわけだけれど
ヒール〜トゥ方向によく聞く言葉で「重心距離」というのが
あるけれど これもとどのつまり 重さ なわけだ。

つまり 動かせ という意味で言う訳ではないけれど
グリップを通して、シャフトを通して
移動させられるヘッドの部位はヒールであって
重さが蓄えられているトゥ部は
ヒールよりもたくさん動くことは物理的にはあり得ない
ということなのだ。
ヒール部よりもトゥ部をたくさん動かすのには
作為的な動作⇒基本ヒールの移動を止める
⇒グリップの移動を止めること になる。
 
 違う。
ゴルフのスイングは グリップを体の向きで移動させ
ヘッドはグリップよりも移動量は少なく
(長さ分の同軸線上に対しという意)
トゥ部はヒール部よりもたくさん動くことはない
ということ。

・・・・説明しにくくて、わかりにくいけどね〜

自分が体の向きを変えるから、クラブは移動する…
まずはここから始めないと何も見えてこないし
ゴルフクラブからのメッセージも受け取ることはできない…