この部分、理解されているようで
かなり錯覚というか、誤解されている部分だと思う。

ゴルフ用語の中でも 金科玉条のように
扱われている
「スイングプレーン」という言葉があるが、
蔑ろにしよう!という意味ではないけれど
基本、体の回転があったうえで
そのスイングプレーン、スイングプレーンの面
というのが存在する。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

そして、その体の回転
体を向きを変えるという事は
まず その言葉の指す「からだ」はどこであるか
ちゃんと把握する必要がある。
ゴルフでいうところの からだ に相当する部分は
股関節から上の、骨盤の上に存在する胴体 
のことを指す。

故に、多くのゴルファーが誤解している
肩を回す というのは
胴体の上に乗っかった肩が
胴体の向きが変わるから、同じく向きを変えている
 のであって
胴体をひねって、肩を回すことではないし
人間の体には その部分を意図的にひねって
使うのは故障の原因になるということ。

次に、体の、胴体の向きの変更というのは
多少の前傾姿勢はあれど、
『地面に概ね平行の横方向の運動だ』 という事。
ここの部分、とても大切である。

ここで スイングプレーンと体の回転の
双方の作り出す面を照らし合わせてみると
まず、大前提として
そのスイングプレーン、ヘッドやクラブが作り出す
「結果的」な面は
体の向きの変更があるから存在するのであって
決して 腕の動作によって作り出される、
生み出されるものではないという事。

では、なぜ その双方の面が一致しないかというと
体の向きの変更という動作によって
生み出される面が、腕の補助動作によって
ややアップライトに、「動作の角度」…
誤解を生みだしやすいけれど「面の角度」が
変わるだけ と理解してもらいたい。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

多くのゴルファーは頭の中で
横の動き(クラブの動き)は 体の回転⇒まわる
縦の動き(クラブの動き)は 腕の動作⇒上げる、降ろす
は別々なものと考え
“ふたつ”の動作として考えている節がある。

そうではなくて、腕の動作(さばき)によって
体の運動でできる角度をややアップライトなものに
変換しているに過ぎない。

スイング用語に 縦振りとか 横振りとか
あるけれど、その両方が間違いで
ゴルフクラブは縦にも横にも振らない。
基本 横方向に移動させるだけ・・・。

多くのゴルファーは体を回すことは理解していても
結局 クラブを上げる、降ろすという
縦方向の、上下のクラブの動きによって
その重さに耐えられず、本来行われるべき
概ね地面と平行の横運動の回転も
縦の体の動作という 回転/向きの変更でないものに
変えられてしまっていることに気づいていない。