都内,某練習場にて

テイクバックとの壮絶な戦いが始まっています。

ひえ〜,おっかなびっくりもいいところですよ(^^;



グリップを持ち上げようとすると

無駄に力が入って元に戻ってしまいます。

両肘を外に張るようにして

出来るだけグリップは左右合わさってるだけの

感じで体を右向き。




トップ以降は左右の肘の位置関係を呼び水にして

ヘッドがフェース方向へゆらっと動いてくれれば

あとはついていくだけの感じかな。



まだグリップの位置がトップで右にずれ気味です。

それが原因なのかヘッドが寝て入ってしまうことも

頻繁に・・・。グッと打ちに行っちゃう力感も

顔を出します。




でも,「ゆらっ」から入れれば

絶対に〜いいインパクトになりそうですね(なにこれ日本語?)

まだバラツキが大きいですが

いずれもっとロフトを締めて球をぶっ潰してやる!

と勝手に妄想しております(


14,11,013225


朝一、ティーグラウンドの周りで
クラブを何本か束ねて持ち、素振りをするゴルファーは
少なくありません。

ゴルフのスイングが 傍から見た時
円を描くのは、
体に傾きが少しあるうえで、体の向きが変わるからです。
体に前傾姿勢がなければ、
体の向きの変更は
 ほぼ地面と平行の横の動きのみ です。
前傾姿勢がなければ、円弧が傾くことも
クラブヘッドやクラブの縦〜上下の動きも存在しない筈…
ですよね。

ところが、ところが
その朝一の素振りや練習場でのウォーミングアップ時の
素振りを見ていると、直立〜前傾姿勢がないにも
かかわらず、円弧は斜めの
まるで「スイングのような」円弧になるのです。
おかしいですよね・・・

スイング用語の「インサイドアウト」とかと
同じなのですが、腕捌きでクラブを縦横
どの方向でも移動させてしまうようなスイングであれば
ある意味なんでも出来てしまうので
同じことを繰り返したい というスイングの本意とは
全く違うものになってしまいます。

394218main_PIA11667_full


傍目から見ると クラブヘッドが高くなったり
低くなったりするのは
「あげて降ろして」いるのではなく
傾きが存在する上で、体の向きが変わるからだと
ちゃんと認識する必要があると思います。




 


 


 


 

スナップショット 2 (2014-12-11 18-09)