ゴルフクラブの長さは番手ごとに異なり、
その理由は ヘッドの重さと運動 の掛け算が作り出す
破壊力を
✪ボールの打ち出し速度
✪ボールの打ち出し角度
✪ボールの回転量

に振り分け、目的…お望みの飛距離に応じて
振り分けるために有る。

正確にイコールという訳ではないが
ゴルフクラブは長さによる ヘッドスピードの違いだけ
でなく、半インチ短くなる毎に 7〜8gヘッドが重くなるコト
によって、ほぼ均等な破壊力を持っている。

故に ドライバーの長尺化 とは
入射角度が緩くなることによって
ロフトの少ないものが使える・・・筈 ということが
飛ぶことの要素 であって、
同じロフトでの 一般的な長尺化は
長さが増える⇒ヘッド重量が減る
ということで、破壊力は変わらない=飛距離は伸びない。
長尺化⇒入射角度が緩くなり
スピンを減らし、打ち出し角度が取りやすくなるという
ところプラス、製品ロフトが減らない限り(減らせない限り)
飛距離の増大にはつながらない。
ヘッド重量を減らさず、長さを増やしても
ボールの飛びの三要素を上手に配分できないから
やはり 飛距離の増大にはつながりにくいし、
バッグの中に入った その他のクラブとの相性も
悪くなりやすい。

だから、逆に言うと
他のクラブとのバランスを崩さない限り、で
ボールの回転量や打ち出し角度の無駄 で困っている人は
同じロフトのまま、クラブを短くすれば
それを解決できるチャンスが生まれるというコトでもある。
あ、勿論 短くする分、ヘッド重量は増やさないと
ただ シャフトをぶった切るだけでは
シャフトの運動量が減る プラス ヘッド重量が足らなくなる
ので 飛距離減衰になってしまう。

余談ではあるが、コースでのゴルフは
ドライバー〜アイアン〜ウエッヂ〜パター
ドライバー〜フェアウェイウッド〜アイアン〜パター
アイアン〜ウエッヂ〜パター
ドライバー〜ウエッヂ〜パター
とランダム・交互にクラブを使っていく
連続して 同じクラブを使うケースはとても少ない。
試打会で『そのクラブ』を連続して打つのと
購入して、自分のバッグに入れて使うのでは
『そのクラブ』は変わっていなくとも
『そのクラブ』を使う環境は劇的に変わる。

ゴルフクラブは その製品のロフト角度 だけでなく
長さによる ヘッドの入射(下方向)角度によって
エネルギーを 速度・角度・回転 に振り分けている訳で
クラブの長さも 製品のロフトの一部 と考えて
間違いではないだろう。


理論値というか、理想値では
☞最高到達高さは全番手同じで
その位置が番手によって異なる  ということになる。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)


届く高さが 20〜30メートル として
ドライバー(ロフトが少なく・長さのあるモノ)ほど
その地点が奥・遠くになり
ウエッヂ(ロフトが大きく・長さの短いモノ)ほど
手前になる と言う感じだ。

長さの変化による ヘッドスピードの変化もあるが
✪製品のロフト
✪そのロフトに応じた長さ
✪ヘッド重量
が ボールの速度・角度・回転 という 飛びの3要素を
振り分けていくのだ。