ゴルフクラブはその性能を素直に発揮させると
必ず 左回転、俗にいうところのフック回転になります。
厳しい言い方 ですが、スライス回転を生むのには
なにかの「作業」が必ず必要になります。

飛距離とは関係ありませんが
アプローチで スピンがメインエンジンで止まるボール
スピンで止まる、スピンの効く 弾道と言うのは
総じて 左回転のことが多いのです。
スライス回転のボールの方が スピンが効く って
思ってるでしょ?! それじゃ 止まりませんよ。
BCkC8WyCMAA7uUE







それは兎も角、スライスに悩んでいるゴルファーは
少なくないと思います。
スライス回転の入ったボールは、クラブの構造から
どうしても スピン(縦回転)も多い弾道になります。

ボールスピードにもよりますが、
2000〜3500回転くらいが理想的な弾道
と言われています。

余談ですが、何が何でも低スピンと考えてしまうと
これも 飛距離を失いかねませんし、
低スピンにするということは 右でも左でも横回転には
非常にシビアなショットになります。
ボールスピードが上がりにくいアマチュアにとって
3000〜3500回転位で安定している方が
実際には飛んでいる弾道になると思います。


5500回転とか 6000回転 なんて
ドライバーショットを見ることも決して少なくありません。
6000回転と言えば、そこそこパワーのある人の
5番アイアンとか6番アイアン 回転数ですから、
結果として その飛距離になってしまいます。
 そのロフトで打撃している という事です。

これでは ボールは飛びません。

しかし、逆に言うと ハイスピン ハイボール ハイスライス
を打っているゴルファーは 潜在性能として
ボールを遠くに飛ばす能力を隠し持っている という事でもあります。

つまり 飛距離の追求 はイコール スライス撲滅
でもあるという事です。(当たり前か。。。)
そして、それは オートマチックなヘッドスピード増加
にもつながるので 一気に30ヤード増加させられる
プランでもあるのです。

冒頭にも書きましたが、ゴルフのクラブの性質上
放っておけば、フックになるのです。
スライスを解消するのに、作業をさらに増やしたら
スライスは解消できません。
手を返す と言うような作業を増やすと
それをタイミング的に 引っかけで打ち消しているにすぎず
恒久的な スライス解消にはつながっていきません。
クラブの本来もっている球筋 左回転
これを表に出してくるのには、ともかく 作業を減らすこと
この一言に集約されると思います。

ー*−*−*−*−
長くゴルフ業界に携わっていると、見えてくるのですが
ある時期 アマチュアゴルファールのスライス症候群が
かなり減った時期があります。
なんとなく 記憶にあるかと思うのですが
あのエスヤードの頃です。 1993年だったと思います。
フックフェース で有名になりましたが
スライスがかなり解消されて原因は、それではなく
アイアンとウッドの重心距離のマッチングが一番良い時期でもあり、
ヘッド重量とシャフトの硬さのマッチングが一番良い時期でもあり、
プロの目として、実はそちらが原因とみていますし
スライスがまた増加している時期と
アイアンシャフトの軽量スチール化が重なってもいます。