ダウンスイングの初期で
腕さばきによって、グリップを真下に下げる
この動作であっても
フェース面の向きによって、それの誘発する
全ての動作は「真っ二つ」に異なります。

地面にフェースを向けていくような グリップの下げは
回転することを直ぐに誘発しません。
どちらかと言うと、その上下の動きは
上下の動きのままの働きで
前傾姿勢〜右向き によって 左が低い
と言う方向に働き始め、シフトを誘発・・・
そして、シフト完成目途〜回転(横の動き)となります。

スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)


一般的な…ほとんどのゴルファーが行っている
スイングの行程、動作とは順序が真逆になりますから
はい! ポンと出来ないとは思います。
思いますが、フェース面の向きによって起こる
次の作用、動作と言うのをシャドースイングや練習で
感じ取っていけば、クラブからタイミングも含めた
アドバイスを貰うことが出来る様になる筈です。

一方、フェース面を空に向けたトップやダウンで
スイングを行う となると、
これらすべては 人間の自発的な動作、技術となります。
一生懸命、そのスイングの良い面を探してみましたが
なにひとつ見つけることが出来ません。
あえて、嫌味も込めて言うのならば
この動きを通しても、壊れない堅牢な肉体を持っていて
この不可思議、不条理なスイングでも打つことが出来る程
練習にお金も、時間も懸けられることでしょうか。。。

フェース面を上に向けるスイングでは
しつこくなりますが、クラブの機能の殆どは
邪魔になりますので、出来るだけ機能の少ない
軽いヘッド
小さなヘッド
短い重心距離
浅い重心距離
少ないロフト
動きの無いシャフト
と言うのを選ぶことになります。

スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)フェースを上に向けたスイングでは
クラブの重さのかかり方から
絶対に右サイドが下がり、左サイドが上がります
それによって 前傾姿勢が消えます。
何のための前傾姿勢か理由を無くしますので
当然、アドレスを真面目に作る意識も消えてきます。

体の構造上、軸足になる左右の脚は
軸になる背骨の真下に存在しません。
そして 背骨は体の厚みにとって、後ろにあり
内臓など重い部分は前にあるので
スナップショット 6 (2012-10-29 20-10)右を向ければ、その重い部分は
右にずれた右足(股関節)の上に
左を向けば、左足の上に乗るように
出来ており、軸足形成〜シフト と
体の向きの変更は不可分な関係というか
同意語と言っても差し支えないモノです。

imagesCAXUT058しかし、フェース面を上に向けるだけで
それはすべて 意味を失ってしまいます。
このインパクトでは、多少 結果論ではありますが
アドレスに対し、体は真横を向いてしまい
軸足や体重移動が存在せず、
本来、両方の腕の長さが同じ状態 が
そのクラブのロフトであるはずなのですが
それも失ってしまっています。
また 体の姿勢が横を向いていて
過度に左が高い状況・・・
右腕が曲がっている分、右サイドは低く、近くなっていますから
強烈な左足上がりの来から打っているのに近い状況…
クラブの製品としてのロフトの意味はなんだったんでしょう?

このスイングでは 左サイドが上方で逃げるのを
止めていないと、ボールが打てませんから、
左肩関節の可動域を広げる という 本来何の意味もない筈の
労役が重要になりますし、左サイドを止めるには
首回りも含め、強烈な肩周りの緊張(インパクト時)が必要に
なります。
imagesCAJGF9HV最近のアマチュアゴルファーの中にも
かなり 首回りを痛める方がおり、
首にブロック注射や手術なんて話も
大袈裟では無く耳にします(>_<)

…左サイド〜左腕を止めているので
グリップが止まり、シャフトが前に撓っている…
彼の使っているシャフトの硬度、ヘッドの軽さから考えると
相当急激に止めていることがうかがい知れる。
その負担がマイショットごとに、左肩〜左首〜背中 に来るわけで
背中回りの手術をしているという噂もあながち噂では
無いのかも知れない。

2276add6もうこうなると
美しいとか、カッコいいとか
完全に超越していて
人間の動作とは思い難い。
スコアや距離を除けば
単にアマチュアの変なスイングの
オジサンの何が違うのか
よく分からない。

インパクトの姿勢を意識して構築するべき とは思わないが
ここまで 左右だけでなく上下の崩れていて
体の部位、場所によって あっちこっちを向いてしまうスイングを
体力が無く、練習量の少ない
そして 体のメインテナンスにお金と時間の掛けられない
アマチュアが真似て どうするというのだろう…

このスイングを作るのに
アドレスが何の意味を持つのだろう。。。(>_<)