クラブヘッドの重量の中心点(重心点)は
立体的にシャフトの延長線上には存在していません。

ゴルフクラブをどう扱うか
によって それは味方にも敵にもなり得ます。
10003407_290033064486765_134308500_n

正しくゴルフクラブを使えば
静的な状態・・・あまり速くない体の動き、クラブの移動
では、シャフトの延長線上に重心がないため
その時、その時のクラブの位置やヘッドの姿勢などが
感触として把握することが出来ます。

またゴルフクラブはある程度
正しい位置、正しいヘッド姿勢の範囲にあれば
その重さが体の動く方向やタイミングなどを
知らせてくれるガイド機能も持っています。

 ・・・・あくまでも正しく使えば。。。ですが

これが反対に
ゴルフクラブを正しく扱わず
クラブからの指示や感触を全く無視し
自分の好きなように動くのであれば
ヘッドの重さだけでなく、重心位置の存在
(シャフトの延長線上に重さがないこと)は
スイングの邪魔、弊害でしかありません。

また ヘッドの重さを利用してスイングする
という言葉を誤って解釈し
ヘッドの重さを利用して反動や慣性で
テークバックを取るようなゴルファーも多く
その類のゴルファーは総じて
ヘッドの重さが伝わりにくい極硬のシャフト
軽いヘッド、小ぶりなヘッド、重心距離の短いヘッド
を当然ですが、好んで使います。
 その 重さの使い方は・・・
単にテークバックという打撃の準備を手抜きで
行っているに過ぎないのですが…ね

テークバックで左腕、左手だけで上げるような形だと
重心位置はシャフトよりも右に入ります。
自分でやるとよくわかると思いますが、
テークバック時〜ダウンスイング時
シャフトよりも大きく重心位置が右に入ると
グリップには上に向かっての重さがかかります。
ダウンで右サイドが下がり、左サイドが上がる のは
すでにこの時点で決定なのです。
ダウンで左サイドが上がり、右サイドが下がる
ということは 自然な左への体重移動は不可能です。
これを一軸打法とか、名称を付けること自体滑稽です。
imgs

ゴルフクラブは
入射角度も関係しますが、
そのクラブのロフトよりも大きなロフトで打つと
当然、弾道が高く、スピンも大きくなります。
そして それを地形の左足上がりでなく 姿勢の左足上がり
  まあ 同じことですが
で 打てば 当然 距離は全く出ません。
そして、そのロフトをさらに大きく。。。
ドライバーであったしても、まるでボールの底を
打つようにクラブを使えば
今度はボールに推進力が伝わりませんから
弾道が低めで、遅い 強烈に飛ばないショットになります。

練習や素振りで 重心位置をシャフトの位置関係
というのを感じながら 色々してみると
ヘッドの重さというのが、いかにグリップを動かしたり
留めたりするか理解出来るはずで
結果、その作り出される不可抗力によって
スイングという動作は作り出されてしまうのです。