ウッドやアイアンにはそれぞれ重量の中心点(真ん中)
「重心点」と呼ばれるものが存在します。
これが各機種ごとに 少しずつ異なり
個性というか、特性を生み出していきます。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
ゴルフクラブを正しく扱えば
重心位置というのは 非常に便利な代物で
静的な状態ではシャフトからずれたもので
動的な状態ではシャフトの直線上に並ぶ

可変的な構造になっています。

その重心位置。。。シャフトからずれた重量点
それを上手に使うコツがあります。
22dfc18d-s

まずおさらいも含めてですが
『ゴルフクラブ扱いの当たり前』のゼロ調整(リセット)
をしてください。

☆ゴルフクラブは体の向きによって立体的に
 移動するわけですが、打ち手、使い手が
 動かせるのはグリップ だけです。
 グリップが動く(移動)から、結果として先端部である
 ヘッドが動くのです。

 
「先端部がたくさん動く」
 もしくは「ヘッドが回転する」
 ということは ヘッドを動かす分、
 支点になるグリップは止まる ということになります。

 移動させる という動作の中で
 移動の原点になるはずのグリップを止めて
 ヘッドの方をたくさん動かすという行為は
 初めから矛盾を秘めています。
 確かにその矛盾も非常に稀なある一点、一瞬では
 成功するかもしれませんが、
 基本 矛盾した行為なのでゴールがありません。
 ・・・くじを引くようなものです。

☆同じ意味になるかもしれませんが
 ゴルフクラブが移動するのは
 使い手がグリップを動かすからです。
 静的な状態で、ゴルフクラブはシャフトとヘッドの
 重心点にはずれがあり、
 グリップを動かす〜移動させる ということは
 即ち クラブヘッドでいうと 
ヒールを動かす
 ということになります。

 そして ヒールが移動した分、結果トゥが移動するのです。
 
 ⇒特にこの観念は
  パターやアプローチなどに大変有効です。

 使い手が移動させられるのは クラブヘッドでいえば
 ヒール部分、シャフトの接続した部分のみ、 です。

 ヒールではなく、トゥを移動させようとすると
 移動の源はグリップ〜ヒールである筈なのに
 グリップ、もしくはヒールの移動なり、動きを止める
 もしくは制限しなければならなくなります。
 これも矛盾を秘めています。
gp2

二つは非常に似た話なのですが
どの道、動かす部分と動かさない部分という
矛盾した しかも非常にデリケートな技術が必要なわけで
そこには明確な技術のゴールは存在せず、
これらの動きが イップスを招いたりするわけです。