まあ なんと基礎的な。。。 ですけれど、
クラブには長さがいろいろあります。

ドライバーでは標準的に  
☆1インチ=約2.5センチ
45インチですから 1メートル10センチってところです。
昨今はへんてこりんはクラブのルールのお蔭で
飛ぶという「印象」のドライバーは作りにくくなったので
やや長尺傾向になりつつあります。
015

これ、とってもおかしなからくりで
市販のドライバーの平均的な数値でいくと
 45インチ ⇒ ヘッド重量193g
 46インチ ⇒ ヘッド重量180g
こんな感じでしょうかね…。
クラブは長くなって、計測上。。。あくまでも計測上
ヘッドスピードは 1m/s弱 増えます。
たって 1m/sです。
その代り、ボールを打撃する部分が10g以上軽くなって
しまった訳で、どう考えても破壊力はかなり減少しています。

こう考えてみてください。
 ヘッドスピードを時速に換算し 38m/s相当で
 時速136.8kmです
 ヘッドスピードが 1nm/s 上がるということは
 それが 時速140.4kmに上がるのですが
 激突させ、破壊力を生むということでは
☆1.930トンの車が136キロで激突
☆1.800トンの車は140キロで激突

 なんだか ほとんど大差ないように思うんですが…ね。

それと長尺ドライバーを買われるゴルファーの
ほとんどが 体力がなくなり、飛距離に不満をもっている
というのが理由なのに、クラブの破壊力はなくし
単に軽くして、自分が頑張ってスピードを上げる…
って なんか意味よくわかりません。
016

まあ、本題はそこじゃあないんですけど、
クラブの長さは スピードを生み出すためのもの
と思っているゴルファーがほとんどですが、
『正しいクラブの扱い方』 を基準にすると
ちょっと間違っているというか
クラブの長さ というものの意味をちゃんと掴んでいない
といったほうがいいですかね。

ゴルフクラブというのは
ドライバーからサンドウエッヂに至るまで
個々のクラブの持っている破壊力は大差ありません。
(ちゃんとしたセットでは…という意味ですよ)
もしかすると 破壊力そのものでは
ドライバーよりもウエッヂの方が大きいというか
不謹慎な例えですが、もし殴られたとしたら
どっちの方がより危ないか…というの
ウエッヂのような気がしてなりません。

同じ破壊力を ヘッドのロフトとクラブの長さによって
ボールの速度、角度、回転に分散させ
同じ方法でも違う距離が打てる ということなのです。

クラブの長さ・・・その物というよりも
そのクラブの長さが作り出す ヘッドの入射角度が
ゴルフクラブの長さの意味、本意なのです。