何度も書いてしまうけれど
ゴルフクラブは非常に
  イビツな形をしている
上下にも 左右にも 前後にも
 どこにも対象性がなく
その形状だけでなく 重量配分も
形以上に イビツな物体 道具である


形には 必ず 理由があるので
そこを深く考えて貰いたい

その重量配分や形状から 考えると
ねじったり ひねったり
静止状態 での クラブの上や下
右や左 を入れ替えてしまったり
複雑に混じり合わせたり
     してしまうと
クラブの機能は
すべて失ってしまい
本来 人間が筋力に頼らず
その道具を使うことによって
多岐に渡って 楽をする 
その道具として
 の意味合いを
完全に失ってしまう

482426_165494683601157_1747186060_n


その 一番 顕著 な例が
体の向きの変更によって
クラブが横に動いているか である

すこし 単純に説明するために
前傾姿勢が含まれているコトは
割愛するけれど
脚を使って 胴体・・・
 骨盤から上を動かしていない限り
胴体を捻っている限り
 当然 クラブの構造上
 クラブも捻られてしまう

体を回し そして それを止める
そんな 反動を付ける動作で
クラブを動かしている限り
クラブは 左右の手で持っているので
必ず捩じられてしまう

スウィングを観察する際に
まず 始めに
体 上半身を動き と同調して
クラブが動いているか

体が動いた分
クラブが 同じリズム
同じ量で 動いているか見る

体が止まると クラブも止まるか
長さを差し引いた分で
体よりも
 クラブがたくさん動いていないか

それを 確認するところから始まる

多くのゴルファーは
まずは テークバックで
左肩を含めた 左腕の動きだけで
クラブを動かす

特に初期の段階
始めの一歩で グリップを右へ
肩の揺さぶりで動かすのが多いようだ

特に前傾姿勢が深いタイプの人に
多い動作で 前傾していて
グリップをクラブやヘッドの重さで
動かした時点で
肩周りが 胴体とは 別な動きを始める
ので 要注意である。

体の向きを変更
と言うモノを 正しく知らないから
胴体がねじられることが
体の回転・捻転・ボディターン だと
無理やり 洗脳されてしまう

もうその時点で
体もクラブも捩じられてしまい
クラブの元の機能 はすべて失ってしまう

道具としての機能を失えば
それは 単なる運動負荷になってしまう。
運動負荷にした時ほど
この構造や形状、重量配分を
憎らしく思うコトは無いだろう

運動負荷にした場合、
 最悪な形状 をしている
それが ゴルフクラブだ。

高さ関係は違えど
どの場面であっても
概ね 体の幅の中に
胸の幅の中に ゴルフクラブ・・・
グリップだけでなく
ヘッドも収まっているか

常時変わっていく
自分の正面に
クラブが収まっているか

どの場面であっても
前傾姿勢を考慮して
自分の上半身に対し
ロフトが大きく変わっていないか
そこがポイント。

というコトが クラブを機能させる
一番の基本である

別な言い方をすれば
クラブが動いている
クラブが向きを変えている
のではなく
クラブを持った自分が
 向きを変えているか
どうかが 大きなポイントである

実は ここの部分が
一番重要で スウィング改造にとって
一番難しい シンプルな部分。

勿論 これには 腕の使い方も
大きく影響してくるけれど
自分の スウィングの映像を
チェックしたりするのには
非常に 役立つポイントになる